1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫ドッグフードに使用される肉の種類

ドッグフードに使用される肉の種類

ドッグフードに欠かせない原材料に、肉があります。
動物性たんぱく質は犬の成長のあらゆる面において重要であり、少ないと様々な弊害を引き起こします。

今回は、たんぱく質である肉について、まとめました。

スポンサーリンク

犬にとってのたんぱく質の重要性

元来肉食である犬は、高品質なたんぱく質の摂取が不可欠です。
しなやかで強靭な筋肉や、美しい被毛、体のありとあらゆる部分はたんぱく質で作られ、その維持にもたんぱく質が必要です。

そのたんぱく質も、動物性であることが望ましく、新鮮な肉や魚などから摂取することが求められます。

たんぱく質が不足するとどうなる?

体内のたんぱく質が不足すると、筋力が衰え、犬の健康な生活に支障をきたします。

また、被毛がパサついたり、皮膚トラブルが長引くなど弊害をもたらします。

たんぱく質が不足することで体内が酸性を保てなくなり、尿路疾患や細菌感染症なども誘発しやすくなるなど、犬にとっては不幸なことばかりといえます。

種類別メリットやデメリット

さまざまな肉の種類がありますが、それぞれの肉の犬へのメリットデメリットを見ていきましょう

チキン(鶏肉)

ドッグフードのたんぱく源として、もっとも使われている肉がチキンです。

成長が早い鶏は、大量の肉を生み出すほかに、比較的安価であることから、ドッグフードには欠かせない肉となっています。

半面、アレルギーが起こりやすいこともあり、犬によっては避けなければならない原材料でもあります。

ラム肉(羊肉)

高たんぱくで低コレステロールのラム肉は、牛肉に比べるとアミノ酸バランスに優れています。

オメガ3脂肪酸、鉄分、ビタミンB群やカルチニンを含み、ダイエットや老犬にもおすすめの肉です。

こちらも犬によってはアレルギーを起こす可能性があります。

ビーフ(牛肉)

部位によっては、栄養素に差が出ますが、たんぱく質を非常に多く含む肉です。

また、亜鉛などのミネラルが豊富なので、健康な被毛や皮膚を保つために効果があります。

生食のメリットは高いのですが、素人判断はリスクがありますので気をつけましょう。

ポーク(豚肉)

疲労回復のビタミンB群が豊富で、犬にも大変良い食材です。

ただ、必ず十分に加熱して与えないと、嘔吐や下痢といった症状を招くことがあるので注意が必要です。

馬肉

低カロリー、高たんぱくである以上に、牛肉に比べて脂肪分が1/5、カロリーも1/3程度と非常にヘルシーです。

また、亜鉛やオメガ3脂肪酸が含まれ、血管を健やかに保つペプチドや鉄分も非常に豊富です。

アレルギーも発症しにくく、大変良いのですが、馬肉のドライフードは少なく、あっても高価なものが多いですね。
馬肉を与える人は生食で与えている人が多いです。

ヴェニソン(鹿肉)

馬肉と同じく、必須脂肪酸や亜鉛、鉄分などが豊富に含まれ、犬の体に良い効果をもたらす成分の多く含む肉です。

ドッグフードにも用いられることが増え、国内産のエゾ鹿を使用したドッグフードは、そのすべてが野生であることから、薬品投与などの心配のない安全な食材といえます。

しかし、やはり高額になってしまうため、手を出しにくいことがデメリットといえます。

ターキー(七面鳥)

鶏肉に比べて、ミネラルが豊富です。

また、鉄分や銅、亜鉛のほかにビタミンB6、B2が豊富です。

アレルギーを起こしにくいため、他の肉でアレルギーが出た犬でも食べられることがあります。
ドッグフードにも比較的多く使用されているので、手に入りやすいでしょう。

ダック(鴨肉)

馬肉と同じくらいの鉄分が含まれ、不飽和脂肪酸も豊富に含まれます。

ビタミンB2も多く、糖質の代謝や皮膚の再生や成長促進に加え、ビタミンB6による疲労回復も効果があります。

うさぎ肉

ナイアシン、カリウムが豊富で、高血圧の犬に良い効果が期待できます。

血管を守るペプチドも含まれ、老犬や心臓に不安のある犬にも良いでしょう。

うさぎ肉はミンチ状のものが市販されているので、ドッグフードのトッピングやおやつとして加熱したものを与えるのも良いです。
ドライフードに使用されることは少ないです。

アレルギーの場合は魚の動物性たんぱく質を摂取

犬にとって、肉は重要なたんぱく源です。

アレルギー等で肉が食べられない場合は、魚を使用したドッグフードを試すのも良いでしょう。

もちろん、その原材料は品質の良い確かなものであるべきですから、そのドッグフードがどのような管理のもと製造されているかは、しっかり把握する必要があります。

アレルギーの不安がない場合は、犬の健康状態や嗜好、効果などでフードローテーションを取り入れることもおすすめします。

安心安全なドッグフード選び

愛犬の健康を考える上で、タンパク源の肉や魚の種類に注目する以外にも、犬に不適切な原材料や、健康被害のリスクがある添加物を含んだドッグフードは避けたいとお考えの飼い主さんも多いことでしょう。

さまざまな製品の原材料や添加物、成分などを細かく見ていき、少しでも危険性のあるものを除外していくと、最終的に6つの製品に絞ることができました。

フードの切り替えを検討されている方、これから新たにフードを選ぶ方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
安心安全な食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする