1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫ドッグフードのコーングルテンは犬によくないの?

ドッグフードのコーングルテンは犬によくないの?

穀物を使用しているドッグフードの原材料を見ていくと、コーングルテンというものが使用されていることが多く見受けられます。

名前からしてトウモロコシから作られるものであるということはわかりますが、実際にはどのようなもので、ドッグフードに使っても良いものなのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

コーングルテンとは?

コーングルテンはトウモロコシから取れる植物性たんぱく質のことです。
トウモロコシからコーンスターチを製造するときに採れることから、コーンスターチの副産物といえます。

成分としては、約60%が植物性たんぱく質ですが、同時に20%の糖質も含んでいます。

たんぱく質の中で必須アミノ酸であるトリプファンという物質がほとんど含まれていないため、コーングルテンのみでたんぱく質補給させるのは栄養面からみても適切ではありません。

しかし、安価であり加工がしやすいなど飼料に用いることに適している点から、ドッグフードにも一定の割合で含まれることが多いのが現状です。

問題点

  • アレルギー発症のリスク
  • 主原料に使われている場合は注意!
  • 肥満のリスクが高まる

まず、トウモロコシですからアレルギーのある場合は注意が必要です。

国内に限らず、主原料にトウモロコシ、コーングルテンなどが使用されているドッグフードもありますが、栄養の面で大きな欠点を持ちます。

先に述べましたが、必須アミノ酸である「トリプファン」がほとんど含まれないので、主原料がトウモロコシ、コーングルテンの場合は注意しなければなりません。

トリプファンは、摂取後体内で「幸せな気持ちになる物質」と呼ばれる「セロトニン」に変換されます。
セロトニンが少ないと、イライラしたり落ち着きがなかったり、場合によっては攻撃的になることもあります。

また、コーングルテン自体、肥満やアレルギーの要因になります。

動物性たんぱく質であれば、ほとんど糖質を含みません。しかし、コーングルテンの場合は糖質を含むため、同じたんぱく源とはいえ、肥満のリスクは圧倒的に高くなります。

さらに、コーングルテンの原料であるトウモロコシは、遺伝子組み換えが多く行われているものです。
ドッグフードについて、その表示義務がないので、使用されているドッグフードが遺伝子組み換えであるか否かの判断は出来ません。

犬にとって負担となる穀物

  • ドッグフードを選ぶなら穀物不使用がベター

コーングルテンは非常に多くのドッグフードに配合されています。
アレルギーもなく、穀物に対しても特に体調の変化もない犬であれば、多くない量ならさほど神経質になることはありません。

しかし、主原料の位置づけにあるものや、チキンなどのトリプファンを多く含むたんぱく源などが原材料に含まれていないドッグフードは、避けた方が良いでしょう。

コーングルテンのみならず、穀物は犬の体に負担を与えることがある原材料ですので、便の調子や体調などをよくみて与えるようにしましょう。

以下でご紹介している穀物不使用のプレミアムフード「モグワン」は、期間限定で100円でお試しできる制度を設けています。

お試し後は本品を半額で購入できる特典もあり。良いと分かっていても、いきなり本品を購入するのは抵抗あるという方でも気軽にお試しできますよ。
100円お試しの詳細はこちら

安心安全なドッグフード選び

愛犬の健康を考える上で、犬に不適切な原材料や、健康被害のリスクがある添加物を含んだドッグフードは避けたいところですよね。

さまざまな製品の原材料や添加物、成分などを細かく見ていき、少しでも危険性のあるものを除外していくと、最終的に6つの製品に絞ることができました。ランキング1~4位は犬が苦手とする穀物類が一切含まれていないフードです。

フードの切り替えを検討されている方、これから新たにフードを選ぶ方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
安心安全な食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

【半額クーポン付】モグワン100円モニター

期間限定キャンペーン!

100円モニターへの応募で初回半額クーポン券がもらえる!
【公式】100円モニターの詳細はこちら

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする