1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫愛犬のデトックスを考える!おすすめのドッグフードは?

愛犬のデトックスを考える!おすすめのドッグフードは?

デトックス、という言葉は聞いたことのある方も多いではないでしょうか。

これは体内の不要なものや毒素を何らかの方法で体外に排出することを指し、定期的に行うことで体調がよくなる、人間ではダイエットに役立つなどといわれています。

最近、犬にもデトックス期間を設けた方が良いという声があり、ペットフード取扱店舗やネット上などでデトックス効果のある食材やフードが紹介されるようになりました。

今回は、デトックスについて効果のある食材や、デトックス時に起こる症状、注意点などをまとめました。

一般的なデトックスの方法

まずは一般的なデトックスの方法についてみていきましょう。

食餌療法

デトックス効果のある食材をふんだんに利用し、短期間ではなくある程度の時間をかけてゆっくりと排出すること。

急激な変化がない、無理がないので体への負担も少ないといえます。
体質改善の目的にも利用されます。

絶食

1日あるいは3日程度かけて、水のみを与え胃腸を休ませます。

そうすると、食物の消化に費やされていたエネルギーを他に回すことができ、体調がよくなる、毒素が排出されるなどの効果があるそうです。

マッサージ・ツボ押し

解毒機能をつかさどる腎臓、肝臓を刺激して、新陳代謝を活発にさせることで、体内の巡りを良くします。

デトックス効果のある食材

普段ドッグフードを与えている方は、原材料を確認して効果的な食材が含まれているものを選ぶと良いでしょう。

食物繊維

食物繊維の摂取は、なじみの深いデトックス方法のひとつであり、お通じをよくする効果があります。

ドッグフードに含まれる原材料としては、穀物類(全粒)やビートパルプ、海藻類などがあります。リンゴなどもよく使用される原材料ですね。

ただ、穀物やビートパルプはデメリットも併せ持つ食材ですので、注意しましょう。

ブロッコリー、カリフラワー

ブロッコリーやカリフラワーには、肝臓の解毒作用を高める成分として、イソナオシアネートというものが含まれています。

手作りサポート食などには、ペースト状になって消化吸収しやすくなったものがあるので、利用すると便利でしょう。

水分補給

基本的には、水分を摂取し、それが体をめぐって余分な老廃物を出す手助けをする、そのためには適正な量の水分摂取は大切です。

中には、水をあまり飲まない犬もいますので、その際には野菜や果物などをジュースにして与えるなどの方法が効果的です。
(参考サイト:http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2005/09/post_bcb8.html

炭は消臭効果だけでなく、体内に適量取り入れると老廃物などを吸着し、体外へ排出する効果があるとして注目されています。

タウリン

タウリンは、ドッグフードにも添加されていることの多い成分ですが、心機能や肝機能を強化する成分で、肝機能を高めることで解毒作用をしっかり維持します。

その他、ハーブやサプリメントなどを利用したデトックス専門食品など、ペットフード専門店で販売されています。

始めるのに最適な季節は?

デトックスは、いつ行っても良いのですが、特に春に行うと良いと言われています。

理由は、春というのは予防接種などがあり、肝臓に負担が多くなる季節です。

そのため、4月から5月の過ごしやすい季節にデトックス期間を設けると良いと言われています。

症状

デトックスを行うと、一時的に体調が悪化したり、皮膚や排せつ物などに変化が表れることがあります。

漢方薬の処方時などにはよくあらわれる「めんげん」と呼ばれる反応にならって、デトックスを推奨する人の間ではこのような状態を「好転反応」と呼んでいます。

  • 体臭の悪化
  • 涙やけ、目やにの増加
  • 尿の色の変化
  • 皮膚が荒れる
  • 元気がなくなる

たしかに、体質改善時に一時的な悪化状態(わかりやすいのが依存症改善時の離脱症状)があるのはわかりますが、このような状態があった場合は必ず獣医師の診察を受けましょう。

科学的根拠

ここまで書いて申し訳ないのですが、デトックスについては科学的根拠に乏しいというのが現状です。

肝臓や腎臓の働きや、排出できる物質、出来ない物質など複雑で、蓄積されるのも脂肪に蓄積されるもの、水溶性のものなど、さまざまです。
それらを万遍なく効果的に行うのは、医療行為以外には考えられないのではないでしょうか。

そもそも、体内に蓄積された不純物や老廃物を1日や2日で体外に排出する方法があったとしても、肝臓や腎臓に多大な負担をかけることとなり、正直有り得ないのでは?というのが正直な感想です。

ホメオパシーなど、自然治癒能力を異常なまでに信じ、医学を遠ざけるような考えがありますが、デトックスについてもそれに近い解釈をしている方がいるのも事実です。

実際、Yahoo!知恵袋などでデトックスを行いたい、という相談者の多くは、医学的根拠や科学的な意見はスルーで、薬に頼りたくないといった意見が見受けられました。

もちろん、考え方は自由ですが、デトックスという何か流行りもの、おしゃれな言葉の雰囲気だけに取りつかれていないかどうか、今一度考える必要があります。

まとめ

デトックスの効果を信じ、やろうとしていた方には、役に立たない記事だったかもしれません。

ただ、デトックスそのものを全否定しているのではなく、妄信しないでほしいということなのです。

それまで無頓着だった添加物について学び、犬の必要とする栄養素などを把握したうえで改善する、良いものを摂りいれる、これも立派なデトックスであると考えます。

同時に、犬の体調不良がデトックスですべて改善されるわけではないですし、安易にやることが犬に負担をかけてしまうこともあるということをしっかり理解してほしいのです。

動物病院など、しっかりとしたサポートの元で行う分には全く問題はないでしょう。

しかし、デトックス効果をうたうサプリや食材、フードなどの販売業者が、症状が悪化したにも関わらず継続使用をすすめたり、獣医師の診察に否定的なことをいう場合は、いったん立ち止まる勇気を持ちましょう。

安心安全なドッグフード選び

愛犬の健康を考える上で、犬に不適切な原材料や、健康被害のリスクがある添加物を含んだドッグフードは避けたいところですよね。

当サイトでは、さまざまな製品の原材料や添加物、成分などを細かく見ていき、デトックス効果のある食材を含む、理想のフードを以下のページにピックアップしてみました。

ドッグフードの原材料や成分に着目し、できるだけ安心安全なものを選びたい!という方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
安心安全な食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

シェアをお願いします。

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする