1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫ドッグフードの原材料のオーツ麦は犬によくないの?

ドッグフードの原材料のオーツ麦は犬によくないの?

ドッグフードに使用される穀物は様々ですが、今回は「オーツ麦」を取り上げます。

本来、犬は穀物を上手に消化できないため、また、穀物アレルギーの不安もあることから、最近では穀物類を使用していないドッグフードが多くなっています。

ですが、穀物にもミネラルやビタミンなど、犬の体にも有益な成分が含まれていますし、食物繊維なども必要です。

オーツ麦は、比較的高価格帯のドッグフードや、アレルギーに配慮するドッグフードにも使用されています。

今回は、特性やデメリットなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

オーツ麦とは?

オーツ麦は日本人にはあまり馴染みのない言葉ですが、オートミールやグラノーラの主原料です。

小麦と違って、グルテンを含まないため、パンや麺類などには適していません。

しかしグルテンを含まない特性は、アレルギーを誘発しにくいとされ、近年人間の食品としてはもちろん、ドッグフードに使用する穀物としての有益性も認められています。

効果や役割

オーツ麦は食物繊維が豊富で、その主成分であるβグルカンは、便通改善だけでなく、血圧やコレステロールを正常に保つ働きがあります。

また、ミネラルも豊富であり、その分低カロリーとなっています。

穀物類は血糖値を急激に上げてしまうものが多いですが、オーツ麦はそこまで急激に血糖値を上げません。
そのため、小麦やトウモロコシに比べると肥満につながりにくいといえます。

先述の通り、小麦に含まれるグルテンは、アレルギーの原因にもなります。
しかし、オーツ麦にはそれが含まれないために、アレルギーの心配は小麦に比べると格段に低い穀物です。

オーツ麦に含まれる栄養素

オーツ麦は非常に栄養価が高く、鉄分や亜鉛、チアミン(ビタミンB1)や葉酸なども含まれています。

また、食物繊維も多く含まれており、栄養面を考えると犬にも与えたい原材料であるといえます。

やはり穀物である以上、消化吸収がきちんとできるのかという不安がありますが、ドッグフードに使用されているオーツ麦は、消化吸収が困難なグルテンを含まないため、比較的負担は少ないといえるでしょう。

特にアレルギーを持たず、便の調子も良いのならば問題はありません。

穀物全てが悪いわけではない

穀物不使用のドッグフードがどの犬にとっても最適であることは間違いありませんが、穀物の中にはそこまで神経質にならなくても良いものがあります。

実際に、カナダの優秀なドッグフードであるチャンピオンペットフーズ社のアカナには、スチールカットオーツが使用されているラインナップがあります。

もちろん、原材料表示を確認して、その配合されている量が多すぎないかどうかは確認すべきではないでしょうか。

安心安全なドッグフード選び

愛犬の健康を考える上で、犬に不適切な原材料や、健康被害のリスクがある添加物を含んだドッグフードは避けたいところですよね。また、必要な栄養素をバランスよく摂取できるのが理想です。

当サイトでは、さまざまな製品の原材料や添加物、成分などを細かく見ていき、少しでも危険性のあるものを除外し、最終的に6つの製品に絞りました。

フードの切り替えを検討されている方、これから新たにフードを選ぶ方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
安心安全な食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする