1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫カナガンの口コミ評判【ドッグフードお試し】

カナガンの口コミ評判【ドッグフードお試し】

人間でも食べられる安心安全をモットーにした商品「カナガン」は、高品質で選び抜かれた素材のみを使用した無添加ドッグフードです。
成犬だけではなく子犬もOKです。

記事後半に、実際に愛犬に与えてみた口コミを記載していますので、良かったら参考にしてみて下さいね。

⇒ 実際に愛犬に与えてみた口コミ・感想を先に読む

原材料

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

食いつきが悪い悩みも解消

  • ヒューマングレードで人間でも食べられる
  • 犬が苦手な穀物不使用
  • 安価なフードより1日の給与量が少なくて済む

カナガンのいいところは、なんといっても品質の高さです。
市販のフードを購入しているけど、食いつきがよくなくてお悩みの飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

市販品の原材料を見てみると、肉に穀物類を混ぜて原価を下げているようなドッグフードが多いです。
犬の胃腸は穀物類がうまく消化できないため、低品質なフードを与えていると食欲不振や下痢・嘔吐の原因にもなるのです。

そういった症状が出るだけではなく、愛犬の寿命を縮めてしまうことにもなり兼ねないのです。

原材料の穀類は犬に悪影響を及ぼす?

そもそも犬にとって穀物類が悪影響を及ぼすことは販売業者も重々承知なので、パッケージに大々的に穀類と記載されていることはありませんし、あたかも美味しそうな肉がふんだんに使われているかのようなパッケージの商品が多いです。

肉類(ミートミール、チキンエキス、フィッシュミール)などと表記されているフードはほんの少量のお肉、しかも品質の低いものが混ぜられているだけで、ほぼ穀類で構成されているといってもいいでしょう。

その点、カナガンは穀物不使用、フードの51%がチキンで構成されていて、そのパーセンテージもしっかり表記されています。

パッケージを見ても分かりますが、製品に自信があるからこそ「肉肉肉!」といった過度な宣伝もなく非常にシンプルです。

市販のフードよりもその分お値段は高めにはなりますが、栄養が豊富なので、1日に与える量が少なくて済みます。なので、フードを切り替えても結果として今までよりもモチがよかった・・・という方がほとんどです。

1日に与える量・食べる量は?

カナガンのパッケージには、体重と1日の給与量が記載されていますが、切り替えてすぐは、今までと同量を与えてしまう飼い主さんも多いです。

栄養豊富なので気づいたら太ってしまっていた・・・という口コミもあるくらいです。

なので、これから切り替える方は与える量に注意して、最初のうちは今までのフードを多めに混ぜて、一週間くらいかけて徐々にカナガンへ切り替えていくのがおすすめです。

カナガンをチワワに食べさせてみた感想

ここからは愛犬チワワ2匹に実際に与えてみての評価です。

我が家の愛犬チワワ2匹に実際に与えてみました。

前回まで食べていたファインペッツからカナガンへの切り替えです。

ファインペッツは2匹で1kg分を食べ終えたのですが、便が柔らかい状態が続いていたので、もしかするとうちの犬には合っていないのかな?というのが感想です。

カナガンは穀物不使用(グレインフリー)ですし、以前与えていたモグワンと同じ会社から販売されているドッグフードなので、与える前から安心感がありました。

公式サイトの口コミによると、ドライフードを食べないワンちゃんがカナガンなら喜んで食べてくれた等の感想が多いのですが、うちの犬たちは好き嫌いなく、何でも食べてくれるので「食いつき」について比較するのは難しいです^^

今回も、食いつきは今までと変わらず、最初からバクバク食べてくれました。

ガツガツ系なので「この子たちは本当に味が分かって食べているのか?」疑問に感じるほどです。

気になる便の状態ですが、ファインペッツから100%カナガンへ移行した頃に正常の硬さに戻り、回数も落ち着きました。

ファインペッツも上質なフードであることには違いないのですが、うちの犬たちには合わない原材料が含まれていたのでしょうか。とにかく便の状態がずっと気になりました。

モグワンの動物性たんぱく質はチキンとサーモン(53%)ですが、カナガンはチキンのみ(51%)で構成されています。

動物性たんぱく質は1種類が良いとの見解もありますし、複数配合されていた方が良いとの見方もあります。

こればかりは飼い主さんの判断による。ということにはなりそうですが、我が家みたいにフードローテーションを取り入れている場合は、タンパク質の種類にさほどこだわる必要はないのかな?と思います。(もちろん明らかにアレルギー症状の出るタンパク質は避けるべきですが。)

モグワン⇒ファインペッツ⇒カナガンと試してみて、今のところモグワンとカナガンはローテーションに組み入れていきたいドッグフードです。

カナガンと比較検討したいプレミアムフードは?

獣医学雑誌に掲載!獣医師の84%が食べさせたいと回答
モグワンドッグフードを愛犬に与えてみた口コミ評判

【2017.9 追記】

カナガンのパッケージが変わりました。

以前は密封タイプではなかったので、ゴムで縛って保存していたのですが、パッケージが新しくなりジップタイプで密封できるようになりました。

前からパッケージだけでも改善されるといいなぁと思っていたのですが、もしかすると他のユーザーさんからもそういった声が挙がっていたのかもしれませんね。

一度開封すると酸素に触れてしまうことには変わりありませんが、ピチっと封ができるだけでも随分違うと思います^^
かなり扱いやすく、便利になりました。

カナガンをもっと詳しく見る

カナガンの次に与えてみたのが、ウェルネスコアです。
実際にウェルネスに切り替えた感想・口コミは以下の記事を参考にしてくださいね。

定期コースでお得な割引

  • いつでも解約・休止OKの定期購入がお得
  • 最安値は公式サイト(Amazonより安い)

1度だけの注文(通常購入)も可能ですが、フードが切れるタイミングで届けてもらえる定期コースもあります。

定期といっても、愛犬の食べるペースに合わせて届けてもらえる周期を1週間単位で自分で選ぶことができます。
他のフードと組み合わせてローテーションする場合は、その分、間隔をあけて届けてもらうようにすればOKです。

また、途中でお休みすることもできるので、食べきれないフードが残ってしまう心配もありません。もちろん途中解約もOKです。

定期コースの特典として1点の購入でも10%OFF!
1回の購入金額が多ければ多いほど割引率がUPする仕組みで、最大20%OFFになります。
最大限割引きを受けると、1kgあたり1584円とかなりリーズナブルになるんですね。

Amazonや楽天でも購入できる?

カナガンは楽天市場では取り扱いがありませんが、Amazonでは販売されています。

ただ、Amazonの場合は1袋あたり4,968円で、かなり割高です。
(※単品のみの取扱で、定期購入はできません。)

公式サイトで定期購入すると最大割引で3,168円となり、比較すると約2,000円も安いという計算になります。

単品で購入して送料がかかったとしても、Amazonより少し安いので、いずれにせよ購入は公式サイトからがベストです。

カナガンをもっと詳しくみる
安心安全なドッグフード選び

愛犬の健康を考える上で、犬に不適切な原材料や、健康被害のリスクがある添加物を含んだドッグフードは避けたいところですよね。

当サイトでは、さまざまな製品の原材料や添加物、成分などを細かく見ていき、少しでも危険性のあるものを除外して、理想のフードを以下のページにピックアップしてみました。

切り替えを検討されている方、これから新たにフードを選ぶ方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
安心安全な食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

シェアをお願いします。

【半額クーポン付】モグワン100円モニター

期間限定キャンペーン!

100円モニターへの応募で初回半額クーポン券がもらえる!
【公式】100円モニターの詳細はこちら

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする