1. ホーム
  2. 健康・病気
  3. ≫犬の脱水症状の原因と対処法・予防

犬の脱水症状の原因と対処法・予防

脱水症状は、人間であってもたいへん危険な状態です。
体内の約10%が失われると、脱水症状にあると判断されますが、それはどのような症状で、どんなことが原因で引き起こされてしまうのでしょうか?

症状としては、元気がない、ぐったりしているということがまず挙げられます。

それ以外に、口の粘膜や歯茎が乾いている、皮膚をつまんで離しても、たるみがもとに戻らないといった症状があります。

重篤な場合は、震えがみられることもあります。

スポンサーリンク

考えられる原因は?

では、なぜそのようなことがおこるのでしょうか?

単なる水分不足で引き起こされることは、ほとんどない言われています。

というのも、手術や治療の前日などは、深夜以降は絶飲食になることもあり、また、術後も全身麻酔などをした後は、すぐに水を飲ませないようにという指示もありますよね。

実際、我が家のアラスカンマラミュートも、歯の治療で全身麻酔を施され、その日は前日も含めて12時間以上水を飲めませんでした。

もちろん、一時的なことであり、血液検査でも脱水に近い症状はありましたが、問題はない状態でした。

【期間限定】プレミアムフードの100円お試し!

消化不良・熱中症・内臓疾患などの病気

特別な事情がないにもかかわらず、脱水症状を起こすということは、大きく分けて3つの理由が考えられます。

消化不良による下痢や嘔吐

一つ目は、なんらかの原因で消化不良を起こし、下痢や嘔吐で水分が失われ、一時的な脱水症状に陥っているということです。

おなかが空き過ぎた状態で一気に餌を食べたり、ストレスなども影響します。

吐いたものを食べたり、食後すぐに未消化のものを吐いたりするのは、一気に食べ過ぎたことが要因であることが多いです。

この場合は、様子を見ながら落ち着いて食事をさせれば問題はないですが、吐いたものに明らかに血が混じっているとか、その血がどす黒いといった場合は、内臓で出血している可能性があるので、獣医さんに相談しましょう。

熱中症

二つ目は、熱中症によるものです。

季節を問わず、いつでも新鮮な水が飲めるようにしておくことは大切ですね。
しかし、短時間で熱中症は引き起こされることもあるので、熱中症が疑われる場合はすぐに獣医さんに連れていきましょう。

内臓疾患

三つ目は、内臓疾患によるものです。

考えられる病気として、腎疾患、急性胃炎などが挙げられます。

いずれも、脱水症状が起こるのは重篤な状態といえますので、一刻も早く病院へ連れていきましょう。

突然そのような状態を目の当たりにしたら、慌ててしまうかもしれませんね。
すぐに獣医さんに連れていけないこともあるでしょう。

そんな時に、自宅でできる対処法がいくつかありますので、ご紹介します。

自宅でできる対処法

人間用のスポーツドリンクを薄めて与える

人間用のものを、3倍程度に薄めて少しずつ与えましょう。
電解質を補う必要があるので、調整されたスポーツドリンクは有益です。

砂糖水を与える

スポーツドリンクがない場合には、水1リットルにたいして砂糖大さじ4杯、塩一つまみを溶かしたものをゆっくり与えましょう。応急処置に適しています。

脱水症状を起こしてしまった後に水分を与える時には、水道水を与えてはいけません。

また、あせって一度に大量の水分を与えると、かえって胃腸を刺激し、嘔吐を引き起こすことが多いため、逆効果です。

電解質やミネラルを含む水分を、スプーン一杯分ずつ、ゆっくり与えましょう。

日常生活における予防

では、日々の生活で予防できることはどんなことでしょうか?

冬場でも温度管理に気をつける

室内飼いの場合、冬場は温度が高くなりすぎて、知らないうちに熱中症にさせてしまうことがあります。
電化製品を近づけすぎたり、温度設定を高くしすぎたりしないよう気をつけましょう。

毎日の食事にミネラルや水分をプラスする

老犬など、十分な栄養をとることが難しくなってきた場合もそうですが、日頃からミネラルがバランスよく含まれたドッグフードを与える、場合によっては、ウェットフードをプラスしてみるといったことも一つの選択肢ですね。

脱水症状を引きこす原因は、先に述べた内臓疾患の他に寄生虫、感染症などの場合もあります。
自己判断せず、獣医さんの指示を守って、きちんと対処しましょう。

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

【半額クーポン付】モグワン100円モニター

期間限定キャンペーン!

100円モニターへの応募で初回半額クーポン券がもらえる!
【公式】100円モニターの詳細はこちら

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする