1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫ドッグフードの原材料のオートミールは犬によくないの?

ドッグフードの原材料のオートミールは犬によくないの?

オートミールといえば、アメリカのおふくろの味というイメージがあり、日本ではさほど馴染みのある食べ物ではないように思います。
ですが、栄養価は思いのほか高いことがわかっていて、ドッグフードにも配合されているものがあります。

今回は、ドッグフードに含まれるオートミールについてまとめました。

オートミールの栄養価と効果

オートミールは非常に高い栄養価が注目されています。
特に、カルシウムや鉄分は、玄米などに比べても多く含まれており、亜鉛や食物繊維も含まれています。

亜鉛は皮膚の健康や美しい被毛を保つために積極的に摂取したい成分です。

また、小麦やトウモロコシに比べてアレルギーが起こりにくく、水溶性食物繊維がバランスよく含まれるため、コレステロール、血糖値の上昇抑制に効果があります。

小麦よりも肥満のリスクは断然少ない食材です。
便秘改善にも効果が期待できますね。

犬に与えてもいいの?

栄養価は非常に高いですが、やはり穀物ですから、手作り食などで大量に与えるのは良いとは言えないでしょう。

しかし、ドッグフードに含まれているオートミールは、その量や原産地などが問題なければさほど神経質になる必要はありません。
特に、オートミールを使用している理由などをきちんと明記している場合などは、問題ないでしょう。

ただし原材料表示で上位に表示されている場合や、オートミール以外にも穀物が複数使用されている場合は注意が必要です。

アレルギーに不安がなくても、やはり消化器官に負担がある場合が想定できるので、便の状態などを見て判断しましょう。

もちろん、アレルギーの不安がある場合は、きちんと獣医師に相談してからにしてくださいね。

【PR】プレミアムフードの100円お試し

穀物の中でもアレルギーが起こりにくい

オートミールは、栄養の面からみると非常に優れた食材といえます。

小麦やトウモロコシを使用したドッグフードに比べると、アレルギーが起こりにくい点からも、穀物の中では安心であるといえます。

しかし、穀物を一定以上与えるのは、犬によっては負担となる可能性があります。

多くの穀物を使用するドッグフードは、複数の穀物を使用している場合が見受けられます。
すべてを合算すると、かなりの量になる場合もあります。

原材料の欄に、肉類よりも先に表示してあるようなドッグフードは、たとえ栄養価の高い原材料であっても好ましいとは言えません。

オートミールに固執する必要は全くありませんので、下痢の症状が見られるなど、犬の体に合わない場合は、穀物類不使用(グレインフリー)のドッグフードに切り替えましょう。

安心安全なドッグフード選び

愛犬の健康を考える上で、犬に不適切な原材料や、健康被害のリスクがある添加物を含んだドッグフードは避けたいところですよね。

さまざまな製品の原材料や添加物、成分などを細かく見ていき、少しでも危険性のあるものを除外していくと、最終的に6つの製品に絞ることができました。ランキング1~4位は、穀物類を一切使用していない、グレインフリーのフードです。

現在、フードの切り替えを検討されている方、これから新たにフードを選ぶ方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
安心安全な食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする