1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫腎臓病を患う犬に与えるドッグフード選び

腎臓病を患う犬に与えるドッグフード選び

犬が腎臓病を患うと、普段の食事において制限することが望ましい成分が出てきます。

健康な犬ならば当たり前に摂取できるものが、かえって腎臓の負担となり、症状を悪化させてしまうからです。

少々数値が悪い、その程度であれば、深刻に考えることはないのですが、獣医師から腎臓病であると診断されたり、食事療法を支持された場合などは、その指示にきちんと従う必要があります。

今回は、腎臓病を患ってしまった犬の食事について考えていきたいと思います。

腎臓病の症状と治療

腎臓病は、犬の死亡原因でガン、心臓病に次いで3位入っている病気です。

決定的な症状が出る病気でもないため、「なんだか元気がないな」と思っている間に、病気が進行してしまったというケースも多いのです。

また、シニア犬になるほどリスクが高くなるため、食欲がない、痩せてくるなどの症状があっても、老犬ゆえの症状と混同してしまい、発見できないということもあります。

  • 病気の兆候は?
  • 悪化させないための治療は?
  • 高たんぱくフードが良い場合も?

兆候

食欲がないのに、やたらと水を飲むとか、痩せてきた、嘔吐の症状がある、尿の量が多く、色が薄いなどの症状は、腎臓病の兆候です。

このような症状が出ていたら、即獣医師の診察を受けなければ命にかかわります。

というのも、腎臓病は悪化すると一気に症状が進み、最悪そのまま死に至るケースもあるからです。

治療

腎臓が損傷を受けると、軽度の間は自己修復する力もありますが、慢性化してしまうと失われた機能を元に戻す力もなくなります。

全体の75%以上の損傷を受けてしまうと、もはや腎不全という状態に陥っています。

腎臓病を悪化させないためには、腎機能を疲れさせないことが必要となります。

腎臓の働きに、老廃物の除去があり、これは体内に残った有害なものや老廃物を体外に尿として出す働きです。

老廃物の原因となる「たんぱく質」の量を制限し、負担を減らすということが、腎臓病の食事に役立ちます。

予防のために良質な高たんぱくフードを選ぶ

当サイトで何度もお伝えしていますが、犬にとってタンパク質は必要不可欠であり、摂りすぎても健康に悪影響はありません。
しかし、タンパク質なら何でもよいかというと、そこが重要なポイントなのです。

15年にわたるジョージア大学の研究で、高たんぱく質のドッグフードが腎臓機能の低下した犬に与える影響はないということがわかっています。

むしろ、高品質のタンパク質は細菌感染などを防ぎ、腎臓にとって有益であるという報告も出ています。

ただ、注意すべきは、これらは腎機能が低下しているという程度の犬の話で、獣医師から食事において指導を受けている、腎不全に達しているなどの重篤な腎臓病には当てはまりません。その場合は、獣医師の指示に従いましょう。

あくまでも、

  • 高たんぱく食が腎臓病を引き起こすわけはない
  • 老廃物となりうるのは品質の悪いタンパク質や添加物にある

ということなのです。

犬の健康を考えて選んだプレミアムフード

獣医学雑誌に掲載!獣医師の84%が食べさせたいと回答
モグワンドッグフードを愛犬に与えてみた口コミ評判

発病した後のドッグフード

腎臓病を発病してしまったら、基本的にタンパク質量は20%以下に抑えられます。

また、ナトリウムやリンといったミネラルについても制限されることが多いです。

重篤な場合は、獣医師から専用のドッグフードを処方されるでしょうから、その指示を守ることが大切です。

しかし一方で、病院の療法食を受け付けない、病院で取り扱いがない、そういったこともあるでしょう。
そのような場合は、何を目安にすると良いでしょうか?

その場合は、ネットで売られている腎臓サポートのドッグフードの成分値などを控えて、獣医師に相談してみてください。

素人判断で行うのは危険が伴いますし、犬の症状によっても違いますから、病院以外で購入する場合は、必ずかかりつけ獣医師に確認を求めましょう。

療法食の犬心ってどうなの?

療法食となるドッグフードにもいろいろありますが、ここでご紹介するのが犬心というドッグフードです。

犬心は「クッシング症候群,膵炎,甲状腺機能低下症,高脂血症,糖尿病,メタボ肥満,脂質代謝異常症」の7疾患をサポートするドッグフードです。

上記7疾患に対応している療法食ですが、公表されていない病気(ストルバイト結石など)にも、対応しているものがあるようです。

腎臓病や心臓病、肝臓病、胆のう疾患、シュウ酸カルシウム結石を患っている場合は要相談とのことなので、チェックされてみてはいかがでしょうか。

犬心をもっと詳しく見てみる
腎臓病を予防するためのドッグフード選び

腎臓病は、一度発症すると長く付き合っていくことになる病気です。

日々の食事を制限されてしまうことは、食べることも楽しみの一つである犬にとって大変辛いことです。

ですが、腎臓病と診断されても、食事管理をし、フードを見直すことで質の高い生活をさせてやることができます。

幼い頃からしっかりとした品質のフードを与え、腎機能を守り、過剰な老廃物を溜め込まないよう守ってやりましょう。

我が家の愛犬チワワ2匹はまだ病気で獣医にかかったことはありませんが、健康で長生きして欲しいと願っています。

そこで、普段の食事を見直すべく、さまざまなドッグフードの原材料を一つずつチェックしてみました。

質の良いタンパク質を使用していることを前提に、犬にとって消化が難しい穀物類や危険な添加物・食材を含むフードを除外していくと、最終的に6つの製品に絞ることができました。

これからドッグフードの見直しをされる方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
犬に優しい食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

シェアをお願いします。

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする