1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫ドッグフードのグルコサミンが犬に必要な理由

ドッグフードのグルコサミンが犬に必要な理由

関節をスムーズに動かせるのは、軟骨が直接骨と骨がこすれ合うのを防いでいるためで、その軟骨を生成するために、グルコサミンは重要な成分です。

ここでは、コンドロイチンと合わせて摂取することで相乗効果が期待できるグルコサミンについてみていきましょう。

スポンサーリンク

グルコサミンの特性

グルコサミンは、日々動かしてすり減っていく軟骨の修復や再生を促す役割を持っていて、軟骨を強化します。

コンドロイチンと同じで、加齢とともに体内で生成する量が少なくなっていきます。

そのため、年齢が上がると関節が痛んだり、スムーズに動かせないという弊害が起こりやすくなります。

豊富に含む食材

一般的にエビやカニといった甲殻類に含まれることが知られています。

その他、山芋やオクラなどにも含まれていますが、食べた分が全てグルコサミンとして吸収されるわけではないため、食材から十分な量を摂取することは難しいといえるでしょう。

ドッグフードを選ぶ際には、十分な量が配合されているか、把握することも大切です。

副作用について

グルコサミンは、コンドロイチンの働きをさらに高める効果を持っていますので、コンドロイチンと合わせて摂取するのが理想です。

ただ、ドッグフードによっては、必須脂肪酸(オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸)との相乗効果でコンドロイチンをあえて加える必要はないという考えのもと、グルコサミンのみ配合しているものもあります。

副作用として、摂取しすぎると胃腸の不調が起こることがわかっています。

ドッグフードにも含まれているのに、さらにサプリを摂取すると与えすぎになってしまって、かえって犬に負担になる場合があるので注意しましょう。

また、糖類であるため、与え過ぎはやはり良くないですね。

甲殻類にアレルギーがある場合は要注意

さらに、甲殻類にアレルギーがある場合は、グルコサミンに反応する場合がありますので、ドッグフードに配合されている場合は様子を見ながら与えましょう。
ドッグフードによっては、このような甲殻アレルギーに配慮して、植物由来のグルコサミンを配合しているものもあるようです。

効率よく摂取できるドッグフード選び

人間も犬も、健康的な生活には丈夫な足腰、スムーズな関節の動きは不可欠ですよね。

グルコサミンを十分に摂取することで、加齢による関節のトラブルを防ぐことが出来れば、高齢になった犬も生活の質が向上します。

グルコサミンは、摂取してすぐに効果が出る性質ではないので、日々のドッグフードにきちんと配合されたものを与えることが、その後の犬の健康な関節維持に役立つといえます。

コンドロイチンとともに、適正に配合されたドッグフードを選択しましょう。

安心安全なドッグフード選び

愛犬の健康を考える上で、犬に不適切な原材料や、健康被害のリスクがある添加物を含んだドッグフードは避けたいところですよね。また、グルコサミンだけでなく必要な栄養素をバランスよく摂取できるのが理想です。

当サイトでは、さまざまな製品の原材料や添加物、成分などを細かく見ていき、少しでも危険性のあるものを除外し、最終的に6つの製品に絞りました。

フードの切り替えを検討されている方、これから新たにフードを選ぶ方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
安心安全な食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

【半額クーポン付】モグワン100円モニター

期間限定キャンペーン!

100円モニターへの応募で初回半額クーポン券がもらえる!
【公式】100円モニターの詳細はこちら

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする