1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫ドッグフードの酸化を防ぐローズマリー抽出物とは

ドッグフードの酸化を防ぐローズマリー抽出物とは

ドッグフードは高品質であればそれだけで安心、という訳ではありません。

せっかく高品質のドッグフードを購入しても、その保存方法や使用されている保存料などによっては、犬にとって良くないものへ変化してしまうからです。

酸化防止の働きがあるもので安心できる素材はないのでしょうか?

今回は、酸化防止剤の中でも天然の成分由来のローズマリー抽出液についてまとめました。

スポンサーリンク

酸化を防ぐ

ドッグフードの性質上、どうしても起こりうる「酸化」は、出来る限り抑えたい変化です。

油脂を含むドッグフードは、空気に触れるとどんどん酸化していき、その成分自体にも影響を与えます。

酸化が進むと味や食感の劣化はもとより、動物にとって有害な物質へと変化させます。

いわゆる保存食とも言えるドッグフードのように、ある程度の期間保存ができるものには、本来抗酸化作用のある成分を配合するのが良いといえます。

けれど、合成の酸化防止剤は不安があるし、かといって完全に酸化防止剤を使用していないドッグフードは保存が難しい・・・

酸化を防止する効果のあるものには、どんなものがあるのでしょうか。

天然由来の成分で酸化防止

天然の植物などには、酸化防止の効果が期待できるものが結構存在しています。

たとえば、ハーブの一種であるローズマリー。
この葉から抽出したエキスには、大変優れた酸化防止効果があり、ドッグフードにも多く使用されています。

食材に対して味やにおいに影響を与えず、熱にも安定した効果を保持できるため、ドッグフードには適した酸化防止剤であるといえます。

もちろん、人間の食品にも広く利用されているので、安全性が高いといえます。

このローズマリー抽出液は、ビタミンEの酸化防止の効果と相乗効果が期待できるため、併用することがより良いとされています。

酸化防止剤については、そのもの自体が有害な物質であり「そもそも酸化防止を施さなければならないドッグフードは良くない」そんな極端なフレーズが用いられている文献も見られます。

しかし「食品を日持ちさせる=薬漬け」ではなく、安全に食べるためのひとつの手段なのです。

先にも述べましたが、ドッグフードは開封後1ヶ月程度、長くても2ヶ月以内に消費するのが理想です。

もしも酸化防止剤が一切使用されていなかったら、開封してから数日で風味が落ち、保存状態によっては食べられる状態ではなくなってしまうのです。

これでは、ドッグフードのメリットである「保存」ができません。

ドッグフードに限らず、人間が口にするものにも酸化防止剤は含まれていますし、ましてや天然成分で安全性の高いものであれば、しっかり使用しているドッグフードの方が品質の面で信頼できるといえます。

BHA・BHT・エトキシキンを避ける

ローズマリー抽出液のほかにも、ビタミンEやビタミンCなどによる酸化防止を行っているドッグフードも多いですね。

いずれも安全性の面で問題ありません。

逆に、人工的に作られた酸化防止剤「BHA・BHT・エトキシキン」は危険性が指摘されていることから、これらを酸化防止剤として使用しているフードは避けた方が良いでしょう。

ドッグフードに酸化防止剤は欠かせないというのは事実です。

フードを選ぶ際には、安全性が高い天然由来のローズマリー抽出液、ビタミン類によって酸化を防止している点を意識すると良いですね。

安心安全なドッグフード選び

愛犬の健康を考える上で、犬に不適切な原材料や、健康被害のリスクがある添加物を含んだドッグフードは避けたいところですよね。

当サイトでは、さまざまな製品の原材料や添加物、成分などを細かく見ていき、少しでも危険性のあるものを除外し、最終的に6つの製品に絞りました。

フードの切り替えを検討されている方、これから新たにフードを選ぶ方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
安心安全な食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする