1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫ドッグフードの原材料、ビートパルプの成分は危険なの?

ドッグフードの原材料、ビートパルプの成分は危険なの?

ドッグフードの原材料にビートパルプというものがあることをご存知でしょうか?

ペットショップなどで、何種類かペットフードの原材料の表記をみてください。
必ず何種類かのペットフードには含まれているはずです。

では、このビートパルプとはいったい何なのでしょうか?

あまり馴染みはないかも知れませんが、砂糖大根の搾りカスです。

スポンサーリンク

カサ増しでコスト削減

砂糖大根というのはサトウキビと同じようなもので、砂糖の原料です。
その搾りカスが、なぜドッグフードにいれられているのでしょうか?

それは単純に量を増やすためです(コスト削減が目的と言われています)。
いわゆる「カサ増し」ということですね。

この搾りカス、搾り方に問題があります。

大きく分けて二つの方法があり、

一つは、問題のないとされている圧力によって絞り出す方法。
もう一つは、硫酸の類の薬品を使用する方法です。

後者は時に、搾りかすにその薬物が残留すると言われています。

これは我々が事前に察知することは、ほとんど不可能です。
薬品の残留は大きな問題ですが、まず基本的なことを記します。

犬は肉食で植物の消化が苦手

人間で考えれば、植物の搾りカスが体に悪いとは思えませんが、犬にとってはあまり良くない成分なのです。

野菜でも肉でも、何でもよく食べる犬はたくさんいます。

雑食のように思われがちな犬ですが、本来は肉食動物です。
そのため、犬は植物を消化する機能はあまり高くはないのです。

消化が悪いということは便秘になりやすいということです。
人間でも犬でも、便秘や下痢はなど糞・便の状態は健康状態を表します。

例えば、下痢気味で体調が悪いかな?と思われる犬がいたとします。

その犬にビートパルプが多く含まれたエサを与えると、普通の便になることがあります。

消化が悪く、お腹の中で溜めてから出るので、本来なら下痢であっても、見た目は普通の便に見えるのです。
それを飼い主は「善くなった」と勘違いしてしまうのです。

逆に便秘気味の犬は、更に便秘がひどくなることが多いです。
いずれも、あまりいいことではありませんよね。

もう一度ドッグフードの原材料を確認してみよう

もともと植物が苦手な犬、さらに硫酸の類が残留していたらと考えると、とても愛犬に与える気にはならないでしょう。

しっかりと成分をチェックし、安全を考えるべきですね。

ちなみに我が家のチワワ2匹が食べていた、ニュートロのナチュラルチョイスの原材料にも、このビートパルプが使われていることを知りました。上質なフードとしても人気があり、含有量はわずかなので問題ないとの見解もありますが、できればより安全性の高いフードを与えたいと思ったので、ローテーションで切り替えることにしました。

どんな生き物にも個体差はありますし、体調の良し悪しはあります。
人間でも同じものを食べても、お腹が痛くなる人もならない人もいますよね。

犬も同じです。
何を食べても変化のない犬もいれば、食べ物に敏感に反応してしまう犬もいるのです。

基本的に、植物は犬には向いていないことを頭に入れ、あとは愛犬の様子を注意深く観察することが大切です。

そして、何か様子がおかしいと感じたら、ドッグフードの成分を再確認しましょう。

心配なら、その餌を持って獣医さんに行きましょう。
それが犬の安全、飼い主の安心になりますからね。

安心安全な無添加ドッグフード

愛犬のチワワ2匹の健康を考えて、もともと食べていたドッグフードから、安心して与えられるものへ切り替えしました。

原材料をひとつずつチェックし、少しでも危険性のある食材を含むフードを除外していくと、6つに絞ることができました。

いずれか一種類に決めて与える方法もありますが、我が家の場合はアレルギーを避けるために、複数をローテーションで与えることにしました。

まだ月齢の低いワンコたちですが、小さいうちから健康に気遣って、少しでも長生きしてくれたらいいなと思っています。

※下記ページの最下部にランキングにてフードを紹介しています。切り替えを検討されている方の参考になればと思います。
おすすめ無添加ドッグフードについて詳しく見る

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする