1. ホーム
  2. ドッグフードの口コミ
  3. ≫ドッグフードの猪(イノシシ)の特徴・メリットは?

ドッグフードの猪(イノシシ)の特徴・メリットは?

近頃、里山などで畑を荒らす猪(イノシシ)の被害が深刻です。

駆除対象になったイノシシは、地元で食肉としてふるまわれるほかに、最近ではドッグフードに利用する動きも活発です。

海外製品でも、猪肉(ボア)を使用したフードはいくつかあり、その中身が気になりますね。

今回は猪肉(ボア)を使用したフードについて詳しく見ていきましょう。

低カロリーのタンパク源の猪肉

肉食の動物が非常に好んで捕食するのは「鹿」が多いと言われます。

しかし、一番おいしく、本来の獲物としたいのはイノシシであったと言います。

ただ、イノシシは凶暴で巨体であることから、獲物とするには危険の多い動物であることから、とらえやすい鹿にシフトしていた、という話があります。

現在では野生のイノシシは増え続け、一方で家畜化されて食用に飼育されているものもあります。

イノシシに関しては、特に日本において、駆除や事故で死亡した個体の利用先が確立されていなかったことから、栄養価の部分で非常に有益でありながら廃棄処分になっている現状もあり、ジビエ料理のほかにペットフードへの利用制度が考えられています。

栄養・特徴

たんぱく質量は豚肉より多い

同じ系統である豚と比べて、たんぱく質量は若干多いです。

ミネラルが豊富

鉄分は馬肉や牛肉などと同等に含まれており、亜鉛やカリウムも豊富です。

亜鉛は犬の被毛や肉球の健康維持、味覚を正常に保つなど非常に重要ですが、不足しがちな成分でもあるため、もともと亜鉛を多く含むたんぱく源を選択するのも良いですね。

驚くほどの低カロリー

100gあたりのカロリーを比較したところ、豚肉や牛肉と比べるとおよそ3分の1程度のカロリーと、非常に低カロリーの肉です。

脂質も豚肉のおよそ5分の1、牛肉の3分の1となっていて、低脂肪食を心掛けなければならない犬の場合、たんぱく源として効果的です。

ビタミンB12が豊富

ビタミンB群のなかでも特にビタミンB12が豊富です。

この成分は、体の細胞の代謝などに関係するもので、DNAや脂肪酸の合成に重要です。

ビタミンB2で基礎を強化

ビタミンB2は、豚のおよそ2倍となっています。

この成分は、体の基本的な部分に大きく関わるもので、皮膚や爪、被毛、代謝などの健康を維持するためには不可欠です。

白内障などの眼病予防にも効果があります。

脂はコラーゲン

あっさりとしているイノシシの脂はコラーゲンが多く含まれています。

そのため、低カロリーでもありますし、皮膚などの健康維持にも非常に良い脂のひとつです。

注意すべきこと

肉質をチェックする

イノシシ肉は、先にも述べた通り、害獣と位置付けられていることもあり、定期的な駆除が行われる動物です。

しかし、その数は増え続け、地元の猟友会などが振舞う程度では追い付かなくなってきています。

そこで、注目されたのがペットフードへの利用です。

国内では駆除されたり、不幸にも事故で死亡してしまったイノシシをペットフードに利用するようになっています。

これについては、農林水産省よりマニュアルなども発行されており、それにのっとって作るよう指導されています。

ですが、野生のイノシシですから、思わぬ病気や感染症などにかかっていることが想定されるため、国からの指導を守っている業者のフードを選ばなければなりません。

海外製品においては、オリジン、ナチュラル&デリシャスなどにイノシシ肉が使われていますが、いずれも契約農家で育てられた家畜のイノシシ肉です。

国産のイノシシ肉を使用したドッグフードの場合は、きちんと処理をなされたものであるかは確認した方が良いでしょう。

無添加のおすすめドッグフード

イノシシ肉が使用されたドッグフードは、実はそんなに多くありません。
海外製品を見ても、鹿肉などより少ないです。

嗜好性は高いようですが、栄養価でみると他の動物の肉に比べると若干見劣りするかな、という印象です。

家畜としては豚がいる以上、あえてイノシシにする必要がないのか、国内外を問わず野生のものがほとんどですね。

日本ではいくつかイノシシを配合したフードが出てきていますが、先にも述べた通り家畜とは違う扱い(狩猟で得られる獲物である点など)になるため、その品質なども気になるところです。

農林水産省の指導に沿った、しっかりとした施設で製造されたものを選ぶようにしましょう。

以下に猪肉(ボア)を主体としたドッグフードをご紹介しています。

1位のオリジンは、ドッグフードの中でも最高峰とも言われるプレミアムフードです。一見、価格は高いですが、栄養価が高いため1回に与える量が少なくて済み、ランニングコストはかかりません。

人工添加物・穀物不使用
オリジン
4.6
価格【成犬用】340g1,296円
メーカー有限会社アカナファミリージャパン
特典340gのお試しサイズあり
オリジン
  • ペットフード・オブ・ザ・イヤーに3年連続受賞
  • 全犬種、子犬~シニアまで対応
  • アレルギー対応の製品ラインナップあり
  • 高級肉を原材料に使用。高タンパク&低炭水化物
  • 栄養価が高いため、1日に与える量が少なくて済む
  • 穀物不使用・ヒューマングレード
  • 人工添加物・穀物不使用
    ナチュラル&デリシャス
    4.6
    価格【成犬用】2.5kg2,646円
    メーカーGreen Letter 合同会社
    特典800gの少量パックあり
    ナチュラル&デリシャス
  • 冷凍ミートを使用せず全て生肉を使用
  • 保存料や着色料など合成添加物不使用
  • 天然由来成分で酸化防止
  • シェアをお願いします。

    ドッグフードの口コミ コメントなし

    関連記事



    【半額クーポン付】モグワン100円モニター

    期間限定キャンペーン!

    100円モニターへの応募で初回半額クーポン券がもらえる!
    【公式】100円モニターの詳細はこちら
    【※現在、モグワンの100円モニターは終了しています。代わりに初回半額でお試しできるキャンペーンを実施中です!】

    公式サイト限定企画!初回半額のキャンペーン実施中
    初回半額の通常購入はこちら

    愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

    コメント一覧

    この記事へのコメントはありません。

    コメントする

    コメント