1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫ドッグフードの添加物【プロピレングリコールの危険性】

ドッグフードの添加物【プロピレングリコールの危険性】

ペットフードの中には、いわゆる半生タイプのものがあります。
モイストタイプといったもので、しっとりとした食感で、歯の悪い犬やシニア犬などに与えたことがある方も多いでしょう。

このしっとり感を保つために、プロピレングリコールという成分が使われます。
この成分は、どのようなものでしょうか??

スポンサーリンク

保湿剤・乳化剤・防カビ剤として使われるプロピレングリコール

プロピレングリコールは、製品の保湿剤、乳化剤、防カビ剤として広く利用されています。

無味無臭であり、低用量の使用では毒性が低いことから、人間が食べるものにも使用されています。

医薬品にも使用されているので、安全性が高いと思ってしまうのですが、実は危険性も指摘されている成分です。

危険性について

低用量での毒性は低いのですが、取り扱いに注意しなければならない成分です。
また、アレルギーに対して過敏な人や動物への影響があることは事実です。

しかし、それらはどの添加物にも言えることであり、また染色体異常などについても報告がありますが、常識では考えられない量を与えた場合などであり、使用されているから危険と判断するのは、過剰反応かと思われます。

ですが、猫に対しては完全に使用が禁止されています。

猫には使用禁止

猫にプロピレングリコールを与えると、赤血球にダメージを与えることが確認されています。そのため、現在キャットフードに、このプロピレングリコールを与えることは許可されていません。

ですが、犬には影響がなかったため、現在でもおやつやモイストタイプのドッグフードに使用されています。

誤った情報

一部で、ドイツやアメリカで一般の商品への使用が禁止されているというような表記がありますが、どうもそれは間違っているようです。

環境先進国であるドイツでも、赤ちゃん用のおしりふきに普通に使われているそうですし、アメリカでも食品添加物として安全なものと認識されています。

ここには理由があって、どうやらエチレングリコールと混同しているのではないかと思われます。というのも、どちらも不凍液として使用されていて、エチレングリコールには毒性があるからです。

さらに、OECD(経済協力開発機構)のデータベースをみても、プロピレングリコールに毒性があるという指摘は見当たりません(猫は別です)。

アレルギー体質や添加物に過敏な犬には注意が必要

プロピレングリコール自体には、健康に問題のない犬に、悪影響はほとんどないといえます。
ですが、アレルギー体質や添加物に過敏な犬には、安心できるとは言えません。

しかし、ここで犬のためにと思ったら、プロピレングリコールの危険性よりも、半生タイプのドッグフードを与えた場合のデメリットを解決していった方が良いように思います。

歯石が付きやすい側面があるから、歯磨きを丁寧に行う、たんぱく質や必要な栄養は満たされているか、嗜好性に走りすぎていないかなど、そういった点を注意すべきであると考えます。

危険な添加物を含まないドッグフード選び

愛犬の健康を考える上で、健康被害のリスクがある添加物は避けたいところですよね。

さまざまなドッグフードの原材料や添加物、成分などを細かく見ていき、少しでも危険性のあるものを除外していくと、最終的に6つの製品に絞ることができました。

フードの切り替えを検討されている方、これから新たにフードを選ぶ方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
犬に優しい食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする