1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫犬のアレルギーを回避するためのドッグフードの選び方・与え方

犬のアレルギーを回避するためのドッグフードの選び方・与え方

人間と同じで、犬にもアレルギーがあるのはよく知られていることですよね。

ただひと言にアレルギーといっても何が原因なのか、ダニ・ノミアレルギー等の様に外部要因のものもあれば、食べ物が原因の食物アレルギーもあります。

人間と違ってドッグフードが主食の犬は、細かい原材料まで見ていってもよくわからない場合があります。

発がん性が知られる薬品類や、過剰な添加物などは避けられても、実はそれ以外の原材料にも原因がある可能性があります。

今回は、アレルギー症状を防ぐためにどのようなフード選びをすれは良いかのお話です。

主な症状や原因

食物アレルギーの主な症状としては、

  • 皮膚の炎症(ふけやかゆみ、腫れ)
  • 抜け毛(はげてしまうレベル)
  • 嘔吐や下痢

などが挙げられます。

何に対してアレルギーがあるのかは、獣医さんに診断していただくのが正確ですが、たとえば単一のフードをある程度の期間与え続けて様子を見ることでも判断できます。

糞の様子を見ると、比較的早く判断がつく場合もあります。

魚からタンパク質を摂取

アレルギーを引き起こす主要なものとして、チキン、ラム肉、トウモロコシや大豆といった穀物があります。

穀物類に対しては、最近では「グレインフリー(穀物類不使用)」を掲げるフードが多く見受けられるようになりましたので、それらを利用することで回避できます。

しかし、チキン、ラム肉は多くのフードの原材料ですし、それらを避けるとなるとタンパク質はどうやって摂取するの?
と困ってしまいますよね。

そんなお悩みを解消するのが「魚」です。

魚には、アレルギー症状を和らげるオメガ3脂肪酸が含まれており、アレルギー対策はもちろん、毛艶や皮膚にも良い影響をもたらします。

ただし、残念なことに魚に対して過敏な犬もいますので、アレルギーが既に発症している場合は、まずは獣医さんの判断のもとでフードをチョイスするようにしましょう。

アレルギーを回避するフード選び

アレルギーの原因が分かった場合は、それを含まないフードを与えることで解決することが多いですが、最近ではそもそもアレルギーを引き起こさないためのフード選びにも注目が集まっています。

アレルギーは、特定のものを食べ続けることで、容量がいっぱいになって発症するとも考えられています。
したがって、様々な原材料を与える、もしくは特定のフードのみを与え続けないことによって、発症のリスクを減らすことが可能です。

これを「フードローテーション」と呼び、海外の厳格な基準で作られているプレミアムドッグフードを取り扱うお店などで推奨されています。

毎日変えるのではなく、少量パックを使い切ったら違うものを、という方法が一般的です。

これは、薬品の保存料を使っていないフードを選択するうえでも大切なことです。

また、季節に応じて変えるのもおすすめです。
例えば、活動量の多い秋から冬にかけては栄養価が高く、カロリーが高めのフードを選び、外遊びが少ない夏場にはカロリー控えめのフードを選ぶといった方法です。

フードローテーションについても、必ずしも完全なやり方であるということではなく、あくまでも一つの選択肢であり、犬によっては体に合ったものを食べ続ける方がよい場合もあります。

日々、犬と触れ合う中で、どのやり方があっているかを見極めることがまず大切です。

コストも気になる点ではありますが、犬は自分で食事を選べません。
アレルギーは命にかかわることですから、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

安心安全な無添加ドッグフード

愛犬のチワワ2匹の健康を考えて、もともと食べていたドッグフードから、安心して与えられるものへ切り替えしました。

原材料をひとつずつチェックし、少しでも危険性のある食材を含むフードを除外していくと、6つに絞ることができました。

いずれか一種類に決めて与える方法もありますが、我が家の場合はアレルギーを避けるために、複数をローテーションで与えることにしました。

まだ月齢の低いワンコたちですが、小さいうちから健康に気遣って、少しでも長生きしてくれたらいいなと思っています。

※下記ページの最下部にランキングにてフードを紹介しています。切り替えを検討されている方の参考になればと思います。
おすすめ無添加ドッグフードについて詳しく見る

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする