1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫ドッグフードのキレート化されたミネラルとは?

ドッグフードのキレート化されたミネラルとは?

ドッグフードの原材料表示を見ていると、ミネラルなどの添加の際、「キレート〇〇」という表記をよく見かけます。
また、「このドッグフードには、すべてキレート剤を使用しています」というような表記を目にすることもあるでしょう。

ここでは、このキレートについてお伝えします。

キレートとは

キレートとは、簡単に言うと「吸収しやすくした」というような意味になります。

ミネラルは単体でどんどん吸収されるわけではなく、アミノ酸とうまく作用すれば吸収されます。
そこで、あらかじめアミノ酸と結合させて、吸収しやすくしたものを「キレート化」と言います。

アミノ酸〇〇複合体といった表記も、キレート化と同じ意味を持ちます。

さらに吸収しやすいものとして、プロネイテッドというものもあり、吸収率はキレートの倍となります。

キレートミネラルのメリット

吸収しやすくなることはもちろんですが、不要になったものや排出すべきものを排出しやすくするメリットもあります。

キレート化されていないと、もともと吸収されやすいミネラル(カルシウムなど)におされて、吸収されにくい亜鉛などのミネラルがさらに吸収されにくくなります。

キレート化することによって、配合されたミネラルの効率的で偏りのない吸収が期待できます。

キレート化されていない場合のデメリット

多くのドッグフードには、ミネラルがしっかりと配合されています。
しかし、実は配合されていてもそのすべてが吸収されているわけではないのです。

ミネラルは、毛なみや皮膚、視力や味覚などさまざまな体の器官に作用します。

特に亜鉛は吸収されにくく、知らないうちに不足気味になっていることが多いのです。
毛並みが褪せたり、赤茶けた色味が強くなってくる、肉球がガサガサになってくる、このような症状は典型的な亜鉛不足です。

サプリメントで補うとしても、結局どれだけ吸収されているかわかりませんから、キレート化されていないミネラルは扱いづらいということになります。

吸収されやすいミネラルの配合

最近の、特に海外のドッグフードはキレート化されたミネラルが添加されることが多いようです。

ただでさえ難しい言葉が並びますので、つい流してしまいがちですが、この機会にいろんなミネラルについて調べてみるのも良いと思います。

吸収されにくいミネラルや、今与えているドッグフードにはどのような状態で配合されているか、しっかり足りているか、是非、一度調べてみてくださいね。

キレート化されたミネラルを配合したプレミアムフードは?

獣医学雑誌に掲載!獣医師の84%が食べさせたいと回答
モグワンドッグフードを愛犬に与えてみた口コミ評判

以下のページでご紹介しているドッグフードは、いずれもキレート化されたミネラルを使用したプレミアムフードです。

ぜひチェックしてみて下さいね。

安心安全なドッグフード選び

愛犬の健康を考える上で、犬に不適切な原材料や、健康被害のリスクがある添加物を含んだドッグフードは避けたいところですよね。

さまざまな製品の原材料や添加物、成分などを細かく見ていき、少しでも危険性のあるものを除外していくと、最終的に6つの製品に絞ることができました。

フードの切り替えを検討されている方、これから新たにフードを選ぶ方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
安心安全な食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

シェアをお願いします。

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする