1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫ドッグフードの原材料トウモロコシが犬によくない理由

ドッグフードの原材料トウモロコシが犬によくない理由

ドッグフードの原材料表示を見ていると、多くのドッグフードに「コーンミール」といった原材料が使用されています。

コーン、というくらいですからトウモロコシの何か、であることは間違いありません。

今回は、ドッグフードに頻繁に使用されているコーンミールについてまとめました。

コーンミールとは?

その名の通り、トウモロコシを挽いて粉(日本では小さな粒のフレーク状のもの)にしたものを「コーンミール」と呼びます。

イングリッシュマフィンの表面についている、あのざらざらした粒が「コーンミール」です。

コーンミールは水分を含むと膨れ上がる性質があり、また炭水化物であるので主食として人間には利用されています。

犬にトウモロコシを与えてもいいの?

茹でたトウモロコシの粒そのものを犬に与えた場合、ほぼ消化されずにそのままの形で排出されます。

フレーク状に細かくしても、消化吸収率は非常に悪く、食物繊維も少ないため、犬にとってメリットがあるとはいえません。

また、ドッグフードに使用されるであろうコーンミールは、人間が食用とするレベルでないものの可能性が高いと言わざるを得ません。

飼料用に使われるコーンミールは、人間が食べるピーターコーンなどとは違い、飼料用に栽培されるデントコーンがメインです。

これらはそもそも人間が食べることを前提としていないため、その栽培や管理方法にも疑問を感じますし、栄養の面からみても血糖値を上げるだけで犬に必要な成分とは言えません。

また、小麦同様、犬によってはアレルギー反応を起こすこともあり、トウモロコシ、コーンミールは犬に与える意味のない原材料といえます。

犬に与えるデメリット

消化が難しい食べ物を犬に与えるメリットはありません。

トウモロコシを多用しているドッグフードは、肉や魚の代わりに使っているケースがほとんどなので、肉や魚が少ないのが特徴です。

肉や魚から得る動物性たんぱく質が少なく、トウモロコシに含まれる植物性たんぱく質で代用しようとすると、ビタミンB3が欠乏するといった弊害もあります。

グレインフリー(穀物不使用)を選ぶ

小麦と同じく、トウモロコシには犬に必要な成分が全く含まれていないといえます。

ドッグフードを製造するにあたって、加工しやすく安価なコーンミールは、ある意味使い勝手の良い原材料なのでしょう。

しかし、アレルギーを誘発する可能性が高いことや、そもそも犬の体に負担をかける穀物を日々の食事として与えるメリットは一切ありません。

健康な食生活を守るために、愛犬に与えているドッグフードにコーンミールが含まれていないか、確認してみましょう。

当サイトでご紹介している穀物不使用のプレミアムフード「モグワン」は、期間限定で100円でお試しできる制度を設けています。

お試し後は本品を半額で購入できる特典もあり。良いと分かっていても、いきなり本品を購入するのは抵抗あるという方でも気軽にお試しできますよ。
100円お試しの詳細はこちら

安心安全なドッグフード選び

愛犬の健康を考える上で、犬に不適切な原材料や、健康被害のリスクがある添加物を含んだドッグフードは避けたいところですよね。

さまざまな製品の原材料や添加物、成分などを細かく見ていき、少しでも危険性のあるものを除外していくと、最終的に6つの製品に絞ることができました。

当サイトのランキング内の製品は、いずれもトウモロコシを使用していないものばかりです。

フードの切り替えを検討されている方、これから新たにフードを選ぶ方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
安心安全な食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

【半額クーポン付】モグワン100円モニター

期間限定キャンペーン!

100円モニターへの応募で初回半額クーポン券がもらえる!
【公式】100円モニターの詳細はこちら

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする