1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫ドッグフードの原材料に含まれる発がん性物質について

ドッグフードの原材料に含まれる発がん性物質について

ドッグフードを選ぶ際に何を重視するのが良いのでしょうか?

2007年にアメリカで相次いだ、輸入フードが原因によるペットの死亡事故で、それまでほぼ無法地帯であった日本のペットフードについても、2009年に「ペットフード安全法」が施行されました。

しかし、人間が食用を禁じられている「薬品」が、ドッグフードには酸化防止などと称して使用が認められています。

スポンサーリンク

避けたい添加物

代表的なものとして、

  • BHA(ブルチヒドキシアニソール)
  • BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
  • エトキシキン

があります。

天然の食材であれば、土がついていようが少し古かろうが動物は平気で食べるでしょうし、野生の動物はそうやって生きているので問題はないでしょう。

しかし、動物実験において悪影響が証明されている「薬品」を添加することが認められているとは、いったいどういうことでしょうか?

国産プレミアムフードでも安心できない

メーカーに問い合わせても「基準値内、もしくは微量であるため影響はない」という答えしか返ってきません。

上述した添加物は、有名メーカーが発売するフードに使用されていますが、ネームバリューやキャッチコピーなどに惑わされてしまうことも少なくありません。

それ以外にも、、現在流通しているフードには保湿剤プロピレングリコールや保存料硝酸ナトリウムなど、悪影響があるとして知られている成分が使用されていることがあります。

ちなみに、私がサンプルでいただいた国内有名メーカーのいわゆるプレミアムフードにも、保存料として硝酸ナトリウムの記載がありました。

薬品のことはよくわからないという方でも、そのフードの保存期間を見ればどれだけ薬が使用されているか分かります。

普通に考えて、常温での保存期間が1年以上あるような食べ物が、自然の中で存在するでしょうか。

避けたい食材

添加物だけではなく、食材として使われている原材料の中にも、避けた方がよいものがあります。

有名メーカーの中には、あたかもその食材が犬にとってベストであるかのような謳い文句で、セールスポイントにしているところもありますが、その中にも、実は与えるべきでない食材があるのも事実です。

原材料の表記は、使われている量が多いもの順に記載されていて、多くは肉類の表記から始まると思われますが、コーンミールなどの穀物類の比重が高いフードがあります。

本来、犬は穀物を消化するのが得意ではないため、あまりに穀物類が多いと、それらは肥満や糖尿病、食糞といった害をもたらす恐れがあると報告されています。こういったことから、犬の健康を考え、穀物類不使用のフードも販売されています。

全ての肉類が安心とはいえない

野生の犬の生活を思い浮かべた時、この食材を口にするだろうかと考えてみると、犬にとって必要かそうでないかがわかると思います。

ただし、食材であり、通常野生の犬も口にするであろう肉類についても、全てが安心とは言い切れません。
理由は、肉類の使用規定が驚くほど曖昧で、中には人間は口にできない低基準の肉が使われている場合があるからです。

さらに、チキンなどは生育過程で大量の薬品を投与されている可能性もあり、肉になる前からすでに薬品漬けの状態とも言えます。

これらを避けるには、メーカーの公開している情報をきちんと把握し、

  • 動物副産物(いわゆる廃棄される部分)を使っていないか?
  • 使用している肉類はどこが保証しているのか?
  • などが明記されていない場合は、安心できるとは言えないでしょう。

    絶対に避けたい原材料

    まとめとして、避けるべき原材料には以下のものが挙げられます。

    • エトキシキン、BHA、BHT等の薬品を使用しているもの
    • 穀物類の比重が高いもの
    • 肉類について、使用基準が明確でないもの

    そういった安心できるフードは、なかなか手頃な価格、手頃なお店で購入するのは難しい場合が多いでしょう。

    しかし、大切な愛犬のために正しく安全なフードを選ぶなら、ちょっとしたハードルの高さなどは気にならないと思います。

    この機会にぜひ、フードの原材料の欄を見直してみましょう。

    安心安全な無添加ドッグフード

    愛犬のチワワ2匹の健康を考えて、もともと食べていたドッグフードから、安心して与えられるものへ切り替えしました。

    原材料をひとつずつチェックし、少しでも危険性のある食材を含むフードを除外していくと、6つに絞ることができました。

    いずれか一種類に決めて与える方法もありますが、我が家の場合はアレルギーを避けるために、複数をローテーションで与えることにしました。

    まだ月齢の低いワンコたちですが、小さいうちから健康に気遣って、少しでも長生きしてくれたらいいなと思っています。

    ※下記ページの最下部にランキングにてフードを紹介しています。切り替えを検討されている方の参考になればと思います。
    おすすめ無添加ドッグフードについて詳しく見る

    スポンサーリンク

    シェアをお願いします。

    愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    コメントする