1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫犬が食べてはいけない食べ物は?

犬が食べてはいけない食べ物は?

犬は本来肉食ですが、長い人間との暮らしの中で、少しずついろんなものを口にするようになっています。

しかし、人間が食べられるものでも、犬には大変危険な食べ物が数多く存在しています。
少しの量でも、重篤な症状に陥る可能性のある食べ物もあり、犬を飼う上で、これらを知ることが非常に重要です。

今回は、その犬に与えてはいけない食べ物についてみていきます。

スポンサーリンク

犬に与えてはいけない代表的なもの

犬に食べさせるべきではない食べ物は以下の通りです。

玉ねぎ、ねぎ

犬を飼っている人ならばほとんどの方はご存知かもしれませんね。
犬だけでなく、猫やウサギ、家畜の牛や羊なども玉ねぎは食べてはいけません。

でも、なぜダメなのでしょうか?
玉ねぎの成分である、アリルプロピルジスルファイドがヘモグロビンを酸化させ、溶結性貧血を起こします。

症状としては貧血、黄疸、高カリウム血症などがあり、高カリウム血症にいたると死亡する危険性があります。
犬の中には、体質的に高カリウム血症になる可能性の高い犬がいて、そのため犬には厳禁であるといわれていますが、実際には多くの動物にとって危険な食べ物です。

チョコレート・ココア

こちらもよく言われています。
カカオの成分であるテオブロミンという成分が、犬にとっては害になります。

症状として、てんかん発作や心拍の低下などがありますが、これらは市販されている板チョコを一気食いしたとか、かなりの量(大型犬だと板チョコ3枚分)を一度に食べた場合のことで、うっかり一粒食べてしまった、という程度では慌てなくても大丈夫です。

落ち着いて、念のため獣医さんに相談しましょう。

レーズン、ぶどう

実はこのレーズンやぶどうの何が犬によくないのか、わかっていないのだそうです。

ただ、事実としてレーズンやぶどうをある程度の量摂取した犬が、腎臓機能を壊したり、嘔吐したりしているので、食べさせてはいけないものであるというのが常識となっています。

これも、量の問題があり、小型犬だと1房食べてしまったら危険だといわれています。
手作り食などを与える場合に、レーズンなどは絶対に与えないよう気をつけましょう。

アボカド・ぎんなん

アボカドは「森のバター」と呼ばれるほど栄養価の高い、そのうえ炭水化物が少ないという、人間にとっては宝のような食べ物です。
しかし、アボカドに含まれるぺルジンという成分は、犬によってはアレルギー反応を起こし、重篤な状況に陥る場合もあります。

また、ぎんなんは人間でも食べ過ぎると死に至るケースも報告されているので、犬に限らず哺乳類は食べ過ぎに注意する必要があります。

牛乳

これもご存知の方が多いでしょう。
人間、特に日本人は、乳製品を日々摂取する習慣が欧米より少なかったため、「乳糖不耐症」の人が存在します。

犬もほぼ日本人と同じで、この乳糖を分解することが苦手な個体が多いのです。
一方で、牛乳を与えても何の体調の変化もない犬もいます。

子犬に離乳食を与えるときなど、食べやすいようにミルクを与えたい場合は犬専用のミルクを与えましょう。
玉ねぎなどと違い、口にしても致命傷とはなりませんが、下痢をして脱水症状に陥る可能性もあるので気をつけましょう。

ほうれん草・緑茶

ほうれん草はごく少量をたまにとか、ドッグフードに入っているものについては神経質にならなくても良いですが、体に良いと思ってたくさん与えると、尿管結石を起こしてしまいます。
これは、ほうれん草に含まれる「シュウ酸」が原因で、緑茶などにも含まれる成分です。

与えるメリットよりデメリットの方が大きいため、与えない方が良いといえます。

適正な処理をすれば大丈夫なものも

ドッグフードには、さまざまな原材料が使われています。
その中には、本来与えてはいけないとされるものや、控えた方が良いとされる原材料が含まれている場合もあります。

プレミアムドッグフードで評判の高いティンバーウルフには、ニンニクという表示があります。

また、ザクロや先ほど挙げたアボカドなども、ドッグフードの原材料に使用しているメーカーもあります。

これらは、品種を限定したり、適正な処理をしたうえで使用されており、生のまま丸ごと与えるのとは訳が違います。

ドッグフードに入っているのだから大丈夫と思って、生のまま与えたりしないようにしましょう。

食べてはいけないものは絶対に与えない

我が家のアラスカンマラミュートは50キロ超の大型犬のため、たこ焼きやマクドナルドのハンバーガーを盗み食いしてもケロッとしています。

知り合いの犬は、玉ねぎを生のまま丸かじりしていたけれど、体調に異変はないといいます。
反面、スープに少し混じっていたねぎを食べただけで、著しい体調不良に陥ったケースもたくさんあります。

やはり食べてはいけないとされているものにはすべて理由があるのですから、一切与えないようにすべきです。
大丈夫な場合もあるとはいえ、個体差が大きいので許容量もつかめません。

手作りの食事を与えている方は特に、彩(いろどり)重視の自己満足な手作り食にならないよう、気をつけましょう。

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする