1. ホーム
  2. ドッグフードの口コミ
  3. ≫胃腸が弱い犬におすすめのドッグフード

胃腸が弱い犬におすすめのドッグフード

犬も人間同様、個体差があります。

何を食べてもいつも元気な犬もいれば、ドッグフードを変えた途端、下痢をしたり吐いてしまったりする犬もいます。

犬種として胃腸が弱いタイプもいるようですが、今回はドッグフードに焦点を当てて考えてみます。

胃腸が弱い犬に合うドッグフードとは、どのようなものがあるでしょうか。腸にやさしいドッグフードとはどのようなものなのか?みていきましょう。

胃腸が弱い犬におすすめのドッグフードランキングを先に見る

【PR】当サイトでご紹介している穀物不使用のプレミアムフード「モグワン」は、期間限定で100円でお試しできる制度を設けています。

お試し後は本品を半額で購入できる特典もあり。良いと分かっていても、いきなり本品を購入するのは抵抗あるという方でも気軽にお試しできますよ。
100円お試しの詳細はこちら

犬の体から考えてみる

  • 穀物・野菜類・質の悪い脂は犬の胃腸に負担がかかる
  • ドッグフードはグレインフリーを選ぶ
  • 良質なたんぱく源を使用したドッグフードを選ぶ

犬は、もともとは肉食です。
しかし、人間との長い生活の中で、現在は雑食化が進んでいるといえます。

しかしながら、体のつくりは劇的に変化しておらず、消化が苦手な食材も多いのです。

腸が短く、消化に時間がかかる食材は基本的に苦手です。
よく、角切り野菜が入っている缶詰めなどを与えた後、便にニンジンなどがそのまま出てきたということはありませんか?

おなかを壊すとまではいかずとも、消化しきれないまま排便されたことは間違いありません。

このように、犬は非常にデリケートで、人間が良かれと思って与えるものが負担になっている可能性もあるのですね。

犬の健康を考えて選んだプレミアムフード

獣医学雑誌に掲載!獣医師の84%が食べさせたいと回答
モグワンドッグフードを愛犬に与えてみた口コミ評判

胃腸に負担を与える代表的な食材

いろいろありますが、基本的にイヌ科の肉食動物が自然界で口にしないものは、避けた方が良いでしょう。

ドッグフードに使われている食材で見ていくと、穀物類、野菜類が挙げられます。

自然界でもイヌ科の肉食動物は野菜や穀物からミネラルなどを摂取しています。
しかしそれは、獲物である草食動物が食べたものを間接的に摂取することで、体内に養分として摂り入れやすくなっているということです。

しかし、生の野菜や炊いただけのご飯、精製された小麦粉などは、消化できにくいだけでなく、アレルギーにも関係します。

また、質の悪い脂も非常に胃腸に負担をかけます。

動物性の良質な脂ならば、ある程度摂っても問題ないですし、不足することの方が問題です。
しかし、植物性の油脂や、出所のわからない粗末な脂の場合は、すべて老廃物にしかなりません。

それらが複合的に合わさって、胃腸のトラブルとなって現れるのですね。

胃腸が弱い犬にふさわしいドッグフードとは

では、どのようなドッグフードが胃腸の弱い犬にとって良いのでしょう?

穀物類不使用(グレインフリー)

海外の高品質なドッグフードには、かなり前からこのグレインフリーという考え方が根付いています。

アレルゲンにもなる小麦やトウモロコシを使わないことで、犬本来の食生活に近い成分のドッグフードは、それらを使用しているドッグフードよりは格段に胃腸に優しいでしょう。

消化吸収率が高い

これは全てのドッグフードが明記しているわけではないのですが、消化吸収率の高さをメインに打ち出しているドッグフードもあります。

もちろん、原材料をよく見て、たんぱく質メインで出来るだけ穀物が少ないものが良いのですが、穀物が含まれていても、適切な処理が施され、消化できる状態にした穀物を使用しているものもあります。

アレルギーがない場合は、犬の様子を見ながら、こういったものを選択肢に入れるのも良いでしょう。

原材料そのものを見直す

十分な栄養が確保されていても、その品質が悪ければそれが消化不良などの原因になる場合があります。

重要で、多くを占める成分としてたんぱく質があります。

このたんぱく質の成分が、良質な肉や魚であればよいのですが、中には大豆などの植物性たんぱく質だったり、肉や魚であっても、それが何のどの部分の肉なのかが分からないといった場合は、品質に問題があるかもしれません。

脂についても、サーモンオイルやチキンオイルなどといった、由来がわかるものであればまだしも、そういった記載のない場合は気をつけた方が良いですね。

胃腸が弱い犬におすすめのドッグフードランキング

胃腸が弱い犬におすすめのドッグフードをランキングにまとめてみました。


穀物・人工添加物不使用
モグワン
5
価格1.8kg3,168円
メーカー株式会社レティシアン
送料1万円以上で無料
特典初回半額
モグワン

高品質な原材料のみにこだわり、低温調理法でしっかりと栄養を残したまま製造されたドッグフードです。
穀物類は不使用で、糖質を大幅にカット。その分、チキンとサーモンで上質のたんぱく質をしっかりと摂取できるようになっています。
食欲をそそる香りで、小型犬も食べやすいようなドーナツ型設計で、しっかりと噛むことが満足感へつながります。
モグワンは期間限定キャンペーン中!初回半額で購入できます。

カナガン
穀物・添加物不使用
カナガン
4.6
価格2kg3,168円
メーカー株式会社レティシアン
送料1万円以上で無料
特典定期購入による割引

チキンを主原料にした、人間が食せるレベルの原材料のみを使用した高品質なドッグフードです。
穀物は使用せず、即効性のエネルギー源としてはサツマイモとジャガイモを適量使用し、活発な犬の体力を支えます。
たんぱく質と脂質をしっかりと摂取させることができますので、どの年齢の犬にも適したドッグフードと言えます。

みらいのドッグフード
胃腸の弱い犬向けの療法食
みらいのドッグフード
4
メーカー自然の森製薬
価格1kg3,500円
送料無料

胃や腸のためには多過ぎるタンパク質、脂肪、食物繊維、アレルゲンとなる原材料を控え、臓器に負担をかけることなく腸活を促すことが大切です。

消化器を健康に保つためには、消化吸収がよく高品質な食材を使用しているドッグフードが一番です。

みらいのドッグフードは消化器の負担にならない原材料を使用し、尚且つ栄養バランスも考慮して作られたドッグフードです。下痢や便秘を繰り返しがちな犬、胃炎・大腸炎・十二指腸潰瘍を患う犬に特化した療法食、みらいのドッグフードをぜひお試しください。

4
ティンバーウルフ
ティンバーウルフ
3.6
価格1.36kg3,348円

発売当初より、犬にとって炭水化物=糖質は最低限にとどめるべきである、という考えを一貫しており、穀物や肥満のもとになる糖質を含まないように製造されたドッグフードです。
多くのハーブやスパイスを使用し、不要な添加物も排除されています。独特の香りが特徴ですが、小粒で小型犬にも非常に食べやすく設計されています。

4
AATU(アートゥー)
AATU(アートゥー)
3
価格1.5kg3,974円

原材料の8割が上質な動物性たんぱく質で構成され、健康を維持するに必要な必須脂肪酸のバランスも考えて製造されたイギリス原産のドッグフードです。
穀物類は完全不使用、ラインナップも魚やレッドミートなどが用意されており、特定のたんぱく源に心配がある犬でも選択肢があります。
こちらも低糖質でたんぱく質と脂質をしっかりととるというコンセプトで、肥満防止にもダイエットにも適したドッグフードです。

5
オリジン
オリジン
3
価格2kg4,800円
メーカー有限会社アカナファミリージャパン

少々価格が高いのがネックではありますが、その価格に見合った最高級ドッグフードとして知られます。
穀物類不使用に加え、血糖値を急激に上昇させる要因である糖質を極力控えたドッグフードで、健康な犬の健康な食餌としてだけでなく、健康的なダイエットを成功させる目的でも最適です。
肥満になる要素が含まれていませんので、しっかり食べても肥満になることはありません。活発な犬にも、落ち着いた犬にも安心して与えられますので、ライフステージが違う犬を複数飼育している場合でも大丈夫です。

胃腸が弱い犬におすすめのドッグフード

胃腸が弱いと心配ですよね。
でも、もしかしたら胃腸が弱いのではなく、与えている食べ物のせいで胃腸が弱いと思い込んでしまっているのかもしれません。

犬の特性を考え、犬に優しい食材を使用したドッグフードを選ぶようにしましょう。

さまざまなドッグフードの原材料を一つずつチェックして犬にとって好ましくない食材や添加物を含むフードを除外していくと、最終的に6つの製品に絞ることができました。

ドッグフードの見直しをされる方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
犬に優しい食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

【半額クーポン付】モグワン100円モニター

期間限定キャンペーン!

100円モニターへの応募で初回半額クーポン券がもらえる!
【公式】100円モニターの詳細はこちら
【※現在、モグワンの100円モニターは終了しています。代わりに初回半額でお試しできるキャンペーンを実施中です!】

公式サイト限定企画!初回半額のキャンペーン実施中
初回半額の通常購入はこちら

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする