1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫胃腸が弱い犬におすすめのドッグフード

胃腸が弱い犬におすすめのドッグフード

犬も人間同様、個体差があります。

何を食べてもいつも元気な犬もいれば、ドッグフードを変えた途端、下痢をしたり吐いてしまったりする犬もいます。

犬種として胃腸が弱いタイプもいるようですが、今回はドッグフードに焦点を当てて考えてみます。
胃腸が弱い犬に合うドッグフードとは、どのようなものがあるでしょうか。

犬の体から考えてみる

  • 穀物・野菜類・質の悪い脂は犬の胃腸に負担がかかる
  • ドッグフードはグレインフリーを選ぶ
  • 良質なたんぱく源を使用したドッグフードを選ぶ

犬は、もともとは肉食です。
しかし、人間との長い生活の中で、現在は雑食化が進んでいるといえます。

しかしながら、体のつくりは劇的に変化しておらず、消化が苦手な食材も多いのです。

腸が短く、消化に時間がかかる食材は基本的に苦手です。
よく、角切り野菜が入っている缶詰めなどを与えた後、便にニンジンなどがそのまま出てきたということはありませんか?

おなかを壊すとまではいかずとも、消化しきれないまま排便されたことは間違いありません。

このように、犬は非常にデリケートで、人間が良かれと思って与えるものが負担になっている可能性もあるのですね。

犬の健康を考えて選んだプレミアムフード

獣医学雑誌に掲載!獣医師の84%が食べさせたいと回答
モグワンドッグフードを愛犬に与えてみた口コミ評判

胃腸に負担を与える代表的な食材

いろいろありますが、基本的にイヌ科の肉食動物が自然界で口にしないものは、避けた方が良いでしょう。

ドッグフードに使われている食材で見ていくと、穀物類、野菜類が挙げられます。

自然界でもイヌ科の肉食動物は野菜や穀物からミネラルなどを摂取しています。
しかしそれは、獲物である草食動物が食べたものを間接的に摂取することで、体内に養分として摂り入れやすくなっているということです。

しかし、生の野菜や炊いただけのご飯、精製された小麦粉などは、消化できにくいだけでなく、アレルギーにも関係します。

また、質の悪い脂も非常に胃腸に負担をかけます。

動物性の良質な脂ならば、ある程度摂っても問題ないですし、不足することの方が問題です。
しかし、植物性の油脂や、出所のわからない粗末な脂の場合は、すべて老廃物にしかなりません。

それらが複合的に合わさって、胃腸のトラブルとなって現れるのですね。

胃腸が弱い犬にふさわしいドッグフードとは

では、どのようなドッグフードが胃腸の弱い犬にとって良いのでしょう?

穀物類不使用(グレインフリー)

海外の高品質なドッグフードには、かなり前からこのグレインフリーという考え方が根付いています。

アレルゲンにもなる小麦やトウモロコシを使わないことで、犬本来の食生活に近い成分のドッグフードは、それらを使用しているドッグフードよりは格段に胃腸に優しいでしょう。

消化吸収率が高い

これは全てのドッグフードが明記しているわけではないのですが、消化吸収率の高さをメインに打ち出しているドッグフードもあります。

もちろん、原材料をよく見て、たんぱく質メインで出来るだけ穀物が少ないものが良いのですが、穀物が含まれていても、適切な処理が施され、消化できる状態にした穀物を使用しているものもあります。

アレルギーがない場合は、犬の様子を見ながら、こういったものを選択肢に入れるのも良いでしょう。

原材料そのものを見直す

十分な栄養が確保されていても、その品質が悪ければそれが消化不良などの原因になる場合があります。

重要で、多くを占める成分としてたんぱく質があります。

このたんぱく質の成分が、良質な肉や魚であればよいのですが、中には大豆などの植物性たんぱく質だったり、肉や魚であっても、それが何のどの部分の肉なのかが分からないといった場合は、品質に問題があるかもしれません。

脂についても、サーモンオイルやチキンオイルなどといった、由来がわかるものであればまだしも、そういった記載のない場合は気をつけた方が良いですね。

胃腸が弱い犬におすすめのドッグフード

胃腸が弱いと心配ですよね。
でも、もしかしたら胃腸が弱いのではなく、与えている食べ物のせいで胃腸が弱いと思い込んでしまっているのかもしれません。

犬の特性を考え、犬に優しい食材を使用したドッグフードを選ぶようにしましょう。

さまざまなドッグフードの原材料を一つずつチェックして犬にとって好ましくない食材や添加物を含むフードを除外していくと、最終的に6つの製品に絞ることができました。

ドッグフードの見直しをされる方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
犬に優しい食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする