1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫ドッグフードとキャットフードの違いは?

ドッグフードとキャットフードの違いは?

犬と猫が共存しているお家も多いと思います。それぞれドッグフードとキャットフードを与えても、猫がたまにドッグフードをあさって食べてしまっていたり、またその逆もあるかと思います。

食べ物ですから、口にしてはいけないということはないでしょうが、そもそもドッグフードとキャットフードの違いとは何でしょう。

今回は、ドッグフードとキャットフードの違い、そして分けられている理由についてお伝えします。

スポンサーリンク

犬と猫の違い

根本的なところを見た時、犬は雑食可能、猫は肉食とされています。

これは、もともと犬も肉食でしたが、野菜や果物を消化できなくもないため、ドッグフードにも吸収しやすい状態で野菜や果物が摂り入れられています。

しかし、猫はまったくの肉食であり、野菜などを消化するようにできていないのですね。

そのため、猫には犬以上の高タンパクが必要といえます。

必要とする栄養素の違い

犬が必要な栄養素と猫が必要とする栄養素に、実は大きく違う点があります。

その代表的なものに、「タウリン」という成分があります。

タウリンは、細胞の安定や心臓の働きに作用する大切な栄養素ですが、猫は体内でタウリンを生成する力が極めて低いのです。

そのため、タウリンを安定して補給してあげる必要があるので、キャットフードには必ず配合されています。

また、高タンパクであること、そして嗜好性が高いことから、犬にとっては栄養面から見ても適していないことになります。

ドッグフードを猫に与えるのは、さらに問題だといえますね。

犬猫同居の場合の注意点

ここまでいろいろとわかりきった情報を書いてきましたが、どちらかといえば猫にドッグフードを与え続けることは非常に危険ですが、犬がちょこっと猫の餌箱からつまみ食いした程度であれば、特に問題はないといえます。

ですが、嗜好性が高いキャットフード。
一度味を覚えてしまったら、犬はいつも猫の餌箱を狙うようになるかもしれません。

猫は、犬と違って餌を一気に食べません。
気の向いた時に、少しずつ食べるのです。
そのため、常に餌箱にはある程度キャットフードが残っています。

もしも犬がそれを狙っていたら、つまみ食いとは言えない量を食べているかもしれませんよね。
それは、やめさせるべきだと考えます。

ドッグフードよりキャットフードを好むからといった甘やかしからのフード選びは、絶対に犬のためになりません。

原材料を見極め、犬にとって最適なフードを与えましょう。

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする