1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫クプレラ(CUPURERA)の原材料・成分と口コミ評判

クプレラ(CUPURERA)の原材料・成分と口コミ評判

完全無添加でオールライフシーズン、愛犬に安心して食べさせることができるオーストラリアのドッグフード「クプレラ(CUPURERA)」

基本の栄養素が含まれているのはもちろん、グルテンフリー、酵素・乳酸菌の配合によって、健康食として愛犬家に親しまれています。

当サイトでご紹介している穀物不使用のプレミアムフード「モグワン」は、期間限定で100円でお試しできる制度を設けています。

お試し後は本品を半額で購入できる特典もあり。良いと分かっていても、いきなり本品を購入するのは抵抗あるという方でも気軽にお試しできますよ。
100円お試しの詳細はこちら

ヒューマングレードの安心安全フード

クプレラは、犬の生態系を考えて作られています。

野生動物が摂取する成分を考えた上で、現代にある食材で代用することで、食い付きもよく体にも優しいフードとなっています。

使用されているのはヒューマングレードの素材で、人間が食べているものと同じです。

クプレラには6種のシリーズがあり、それぞれ原料が異なりますが、野菜も肉も全て新鮮なものを用いています。

包装にもこだわりがあり、パッケージ後には不活性ガスを注入し、脱酸素剤を入れることで、袋の中は酸素がない状態となり、保存料を使用することなく、品質を保てます。

ただし開封後の賞味期限は1ヶ月と短めになっています。

クプレラの口コミ

ベニソン&スイートポテトを子犬の頃から愛用しています。
原材料の一部がオーガニックであったり、飼育方法にもこだわりが見られるので安心して与えられます。
プレミアムシリーズは費用の問題で続けて与えるのが難しいと考えたので、比較的安いこちらを選びました。1kg2000円程度なので、無理なく続けられそうです。

クプレラの最安値は?

安全性にこだわった100%無添加フード

クプレラには100%無添加という大きな特徴があります。合成保存料・着色料・香料などの人口合成物質、防腐剤・防虫剤などの化学薬品を一切添加していません。

また、「べニソン&スイートポテト」の原材料にある鹿肉は、指定された農場で薬品を使用しない環境で育った鹿を使っています。

ドッグフードによく使用される鶏肉や豚肉を使用しておらず、それらにアレルギーのある愛犬にも食べさせることができます。

そのほかにも、小麦などのグルテン、卵、砂糖・塩などの体調不良を発生する要因となる食材を使用しておらず、安全であることが強調されています。

プレミアム・ベニソンの原材料や成分について見ていきましょう。

プレミアム・ベニソン

穀類を一切使用しないグレインフリーフードです。
一般的なドライフードの製法と異なり、原材料がもつ栄養素を損なわないよう低温調理で作られています。

飼育方法にこだわりのある鹿肉を主原料に使用し、10種の必須アミノ酸を配合することで、より高い栄養価が期待できます。

200gあたり1,150円と、少しお値段は張りますが、安全性の高い上質なフードをお求めの方には自信を持っておすすめできる商品です。

メインの原材料に鶏肉を使った製品ならコスパも良いので、獣肉アレルギーの心配がなければ、鶏肉を使った「プレミアム・チキン」を選んでみてはいかがでしょうか。

愛犬の状態によって選べる

現在販売されている6種類はそれぞれ味付けなどが違うだけでなく、愛犬の健康状態によって適切なものを選べます。

健康な成犬に与える場合は、「ベニソン&スイートポテト」や「ラム&ミレット」がおすすめです。

年齢や体重によって量を変えるだけでOK!生涯を通して与えることができるフードです。

「ラム&ミレット」には、小型犬用に小粒タイプのものもあります。

子犬や妊婦犬に与えるなら、「ベニソン&スイートポテト・パピー」です。
食いつきがよいだけでなく、成長期に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

アレルギーが気になるときは、「ホリスティックグレインフリー」を利用してください。アレルギー対応としてだけではなく、胃腸の弱いワンちゃんにも適しています。

シニア犬や肥満が気になる愛犬には、低たんぱく質・低脂肪・低カロリーの「セミベジタリアン」がおすすめです。

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

【半額クーポン付】モグワン100円モニター

期間限定キャンペーン!

100円モニターへの応募で初回半額クーポン券がもらえる!
【公式】100円モニターの詳細はこちら

公式サイト限定企画!初回半額のキャンペーン実施中
初回半額の通常購入はこちら

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする