1. ホーム
  2. ドッグフードの口コミ
  3. ≫ドッグフード 無添加おすすめ人気ランキング

ドッグフード 無添加おすすめ人気ランキング

犬も人間と同じで日頃の食事によって健康状態が左右されます。
体づくりの基本となるのは”食”ですよね。

我が家の愛犬チワワ2匹には、体にいいものを食べて健康で長生きして欲しいものです。

人間でも添加物だらけの食事を長年続けていると、病気になったり死期が早まったりしますよね。これは犬も同じなんですね。粗悪な原材料で作られた食事を続けていると、必ず悪いものが体に蓄積され、何らかの影響が出てしまいます。

無添加のおすすめドッグフードランキングを先にチェックしてみる

  • 1kg1,000円以下のフードと1,000円以上のフードの違いは?
  • 肉副産物を使用しているフードは危険?

市場には添加物だらけの質の悪いドッグフードがたくさん出回っています。

ホームセンター等で売られている1kg1,000円以下の安価なものと、1kg1,000~2,000円以上のドッグフード。いったい何が違うのか?疑問に思って調べてみました。同じフードでこんなにも値段に開きがあるのには、なんらかの原因があると思ったからです。

犬はもともと肉食動物で、肉タンパク質を主原料としたフードを与えるのが理想です。
質の高い生肉を使用するとなると、当然原価が上がってしまいますよね。

コストを抑えた激安ドッグフードの原材料で用いられるのが、安く手に入る”肉の副産物”です。

これは4Dミートとも呼ばれるものですが、通常なら食肉として流通しない肉が使われているのです。

中には病死した動物の肉や、決して肉とは呼べない(むしろ食べることのできない)糞尿、羽、爪を原料にしている粗悪な製品もあるのだとか。

ちなみに4Dミートの4Dとは以下を併せた総称です。

Dead(死んだ)
Dying(死にかけている)
Diseased(病気の)
Disabled(怪我をした)

これを見ただけで、絶対に愛犬には食べさせたくないと強く思いました。

ドッグフードを購入する際には、必ず原材料を確認して「〇〇エキス、〇〇パウダー、〇〇ミール」と記載のあるものは、肉副産物を使用している危険性があるので、避けた方が良いです。

穀物不使用(グレインフリー)

  • 犬が苦手とする穀物不使用のフードを選ぶ
  • コストダウンのため穀物を使用しているケースも?

犬はもともと穀物を食べるような体ではなく、穀物を消化するのが苦手です。

人間にとっては栄養価の高い炭水化物ですが、犬にメインで与えると栄養バランスを崩してしまうのです。

穀物を多く摂取することで、低血糖や肥満、糖尿病などの健康被害をもたらす可能性もあります。

本来なら肉(タンパク質)の含有量が一番多くなくてはいけないのに、コストダウンの目的で、敢えて消化されにくい穀物を使用している製品も多いです。

具体的には、原材料に〇〇グルテンと記載があるものはNGです。逆にグレインフリー(穀物不使用)と記載のあるフードなら安心ですね。

無添加・人工添加物不使用

  • 無添加と謳っていても実は添加物だらけのフードも?
  • 1kg1,000円以下のフードは注意が必要!

ドッグフード選びの基準としては、無添加・人工添加物不使用の製品を選ぶのがベストです。

犬の小さな体に添加物が日々蓄積されていくと、当然体に悪影響を及ぼします。

食品添加物は人間が口にする食べ物にも使われていますが、人間の場合は厳しい規格や使用基準が設けられています。

その点、ペットフードに使われる食品添加物の使用基準は非常に緩く、その分危険性も高いと言われています。

ペットフードで使用OKとされている添加物の中には、発がん性のある物質も普通に含まれているのです。
想像しただけで、かなり恐ろしいですよね。

犬は人間よりも体が小さいのですから、どれだけ健康被害が大きいか想像できると思います。

ただ、無添加と表記があっても、完全に無添加ではない悪質なフードも出回っています。

本当に安心安全な製品を作ろうと思うと、どうしてもコストがかかります。
全てが全てではありませんが、1kg1,000円以下のドッグフードは要注意です。

必ず原材料をチェックして、安全性が高いことを確認して購入するべきです。

ビートパルプは危険?

我が家はビートパルプが気になってドッグフードの切り替えを検討しました。

うちの場合もそうだったのですが、もともと愛犬がペットショップで食べていたドッグフードと同じものを、なんとなく続けて食べさせているという方も多いのではないでしょうか。

我が家は子犬の頃から、しばらくニュートロのナチュラルチョイスを与えていたのですが、原材料にビートバルプという副産物が使われているのを知り、他のドッグフードへ切り替えることにしました。

ビートバルプはうんちを固める性質があるため、愛犬の体調の指標となる“便の硬さ”をチェックできなくなります。

また、その特性により、犬によっては便秘を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

ナチュラルチョイスは評判のいいフードですし、それ以外の原材料に特に問題はありません。

またビートバルプは犬に必要な栄養素ではないものの、体に悪いという訳でもないので、少し含まれている程度で、そこまで神経質になる必要はなかったのかもしれません。

でも、ドッグフードの切り替え・見直しは、愛犬たちの健康について考えるいいきっかけになったと思っています。

愛犬チワワがメインで食べているドッグフード

獣医学雑誌に掲載!獣医師の84%が食べさせたいと回答
モグワンドッグフードを愛犬に与えてみた口コミ評判

アレルギーを回避するために

  • フードローテーションでアレルギーを避ける

ワンちゃんのアレルギーで食事制限をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、今はアレルギー体質ではないけれど、今後アレルギーを発症しないか心配・・・という方もいらっしゃると思います。

うちは娘2人がアレルギー体質なのもあり、ちょっとアレルギーには敏感になってしまっていて・・・
愛犬たちのアレルギーも心配です。

人間でも同じですが、毎日同じものを食べ続けるリスクというのがあります。

たとえ悪いものでなくても、同じものが体に蓄積されていくことで、ある日突然それらの物質に対してアレルギー症状が出るということも充分に考えられます。

人間の花粉症と同じです。大人になって突然症状が出たという方も多いですが、それまでに多くの花粉が体内に蓄積されて、許容量をオーバーした結果出る症状ですよね。

良い製品を1つ決めて与えるという飼い主さんも多いですし、決してそれが悪いことだとは思いません。

ただ、少しでもリスクを回避できるように、我が家では複数のドッグフードをローテーションで与えるようにしています。

国産だから安心安全とは限らない

  • ドッグフードは国産より外国産が安心安全?
  • ホームセンター系のフードは原材料をチェック!

私たち日本人は「国産=良品」という認識がありますが、ペットフードに関しては他国に比べて日本は劣っていると言われているため、国産だから安心とは言い切れないところがあります。

日本はペットフードの添加物に関する規定が緩いこともあり、犬の体に悪影響を及ぼす物質が含まれているケースが多いのです。

ホームセンターなどで販売されている国産フードの原材料を見てみると「〇〇ミール、〇〇パウダー」など、まさに愛犬家としては避けたい表記だらけなんですよね。

私自身、最初は「外国産って大丈夫なの!?」と思っていましたが、フードについていろいろ勉強していくうちに、国産こそ危険かもしれない・・・という意識に変わりました。

安心して愛犬に与えることのできる無添加のドッグフードを下記にご紹介します。

ランキング形式にはしていますが、いずれも質が高くて優劣付けがたいので、それぞれ愛犬に合ったものを選んでいただく際の参考になれば・・・と思います。

ちなみに1位~3位は全て穀物不使用(グレインフリー)です。
4位~6位もヒューマングレードのプレミアムフードなのですが、オートミールや大麦など、穀物が原因なのか、うちの愛犬チワワたちには合わなかったようです。下痢が気になったので使用を控えることにしました。


ランキングで1位のモグワンは現在、期間限定のキャンペーンを実施中!

以下のリンクからの購入で初回半額の1,980円でお試しすることができますよ。

初回半額の通常購入はこちら

穀物・人工添加物不使用
モグワン
4.6
価格1.8kg3,168円
メーカー株式会社レティシアン
送料10,000円以上で無料
特典定期購入による割引
モグワン

イギリス原産の高品質ドッグフードでおなじみのモグワン。獣医学雑誌でも紹介されていて、獣医師の84%が食べさせたいと回答しています。
不要な添加物は一切含まれておらず、犬の成長と健康維持に必要な栄養素やミネラルなどはしっかりと配合されています。
人間でも食べられる素材を使ったヒューマングレードのフードで、4ヶ月の子犬から成犬まで対応しています。
手作りレシピから生まれたドライフードなので、手作り食からの移行もスムーズです。
実際にお試しなどで実物に触れた方はよくお分かりだと思いますが、非常にやさしく柔らかい、それでいて食欲をそそる良い香りのフードです。必要以上に食いつきをよくするためのフレーバーなども不使用で原材料に香料等は使われていません。

穀物不使用・完全無添加
カナガン
4.5
価格2kg3,168円
メーカー株式会社レティシアン
送料10,000円以上で無料
カナガン

イギリス原産の体にやさしいシンプルなドッグフードです。
高品質なチキンを主原料に、厳選された原材料を低温調理で製造しているため、栄養素の流出、破壊をできるだけ抑えています。もちろん、合成の着色料や、強力な化学的保存料などは一切使用していません。そのうえで、しっかりと総合栄養食の基準を満たし、保存食であるドッグフードの利点も、天然由来の保存料を使用することでクリアしています。
容量のバリエーションを統一することで、食べきれる量のみを提供しているというのも良いですね。
子犬から成犬まで幅広く対応しており、タンパク源はチキンの1種類のみなので、チキン以外にアレルギーのある犬にも適しています。

穀物・人工添加物不使用
ナチュロル
3.8
価格お試し100円
メーカー楽しい製薬株式会社
送料お試し申し込みで無料
ナチュロル

犬の健康に悪影響を及ぼす原材料を全て排除!穀物不使用、無添加ヒューマングレードの国産フードです。毎月300名限定!初回30g100円のお試しサイズあり。
獣医師とペット管理栄養士が開発に携わっており、安定維持型ビタミンCが配合されています。
手作り食にこだわる愛犬家にも好評です。

4
アランズナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフード
3.2
価格2kg3,168円
メーカー株式会社レティシアン
送料10,000円以上で無料

「自然給餌」という考え方をとりいれ、原材料をできる限り丸ごと使うことで、原材料そのものから栄養素をしっかりと摂取することに重点を置いたフードです。100%無添加で、かつ総合栄養食となっています。
下でご紹介するオリジンも、ほぼ原材料のみで総合栄養食の基準をクリアするフードを作っているのですが、高価なため手が出ないという飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。それに比べてアランズは定期購入でお得に購入できるというメリットもあります。
不要な原料を用いていないためアレルギーや皮膚トラブルでお悩みの犬にもおすすめでっす。

  • ※高品質なフードですが、愛犬のお腹が緩くなったため、使用を中止しました。
  • 5
    オリジン
    オリジン
    3.5
    価格【成犬用】340g1,296円
    メーカー有限会社アカナファミリージャパン
    送料エリア別に設定

    2017年にリニューアルしました。以前も、高い栄養を誇るドッグフード界のスーパーフードでしたが、リニューアルを機に栄養、品質補強が「亜鉛」と「トコフェロール」のみという、ほぼ「無添加」のフードに生まれ変わっています。
    総合栄養食の基準を満たしつつ、その栄養をのほとんどを添加物に頼らず原材料と調理法の工夫で摂取できるようになった「新オリジン」。試す価値はおおいにあります。
    全犬種、子犬からシニア犬まで幅広く対応しており、アレルギー対応の製品ラインナップもあり。高価なフードですが栄養価が高いため、1日に与える量が少なくて済みます。

  • ※アランズ同様、高品質なフードですが、愛犬に与えるとお腹が緩くなり、下痢が続くので我が家ではローテーションには含めていません。
  • 6
    ファインペッツ(FINEPET'S)
    ファインペッツ(FINEPET'S)
    3.1
    価格初回お試しパック1000円
    メーカー株式会社エヴリワンズ

    ファインペッツには、もともと基本となるカナダ産のフードがありましたが、現社長が「日本人が関わるべき」という考えから全面的に日本で暮らす犬に適したものへと作り上げられました。
    オーブンベイクド製法により、栄養価をできる限り損なわないように調理されています。ミネラルや、摂取しにくい亜鉛などをしっかり配合している代わりに、不要な添加物は一切含まれていません。原材料の持つ色合いや風味を大切に、安全第一で製造されています。
    また、細かい情報公開をしている点でも、安心と安全を第一に考えている会社のフードと言えるでしょう。
    全犬種、子犬からシニア犬まで対応しており、愛犬に合わせて粒のサイズを選択できるようになっています。
    通常1.5kg3,142円の商品をお試し価格の1,000円で購入することができます。

  • ※残念ながら、こちらも下痢が続いたので使用を中止しました。
  • 6
    ブッチ
    ブッチ
    3.1
    価格2.4kg3,000円
    メーカー株式会社ブッチ・ジャパン・インク

    上質な肉タンパクをメインに野菜や海藻類もバランスよく配合されたフードで、初回限定の3種類のトライアルセットがあります。全犬種、子犬からシニア犬までOK!好みのサイズにカットしてそのまま与えるのもよし、ドライフードのトッピングとしても使用できます。
    水分量が多く、肉に近いため食べやすく、普段食べむらのある犬やカリカリフードが苦手な犬、歯にトラブルのある高齢犬にもおすすめです。

    安心安全なドッグフードを与えたい飼い主さんへ

    大切な家族の一員であるペットの食事も、人間同様に安全なものを与えたいですよね。

    2007年に北米を中心に起きた、中国産原材料の汚染による大規模リコール事件を機に、日本でもペットフードに対する法律が整備されてきました。

    それ以前のドッグフードに比べれば安心と言えますが、フードによっては「本当に安全なの?」と思ってしまうようなものも出回っているのが現状です。

    ここでは合成の着色料や保存料などを配合していない「無添加(※)」フードについて、正しい情報をまとめています。
    (※ここでいう無添加とは、合成の着色料、保存料その他、栄養補強目的以外の添加物が含まれていないフードのことを指します。)

    無添加という言葉の定義

    人間の食べ物でもそうですが、「無添加」と聞くとそれだけで安全・安心に聞こえます。

    もちろんその点は間違いないのですが、ひとつだけ問題があります。
    それは、栄養面についてです。

    ドッグフードの場合、基本的に毎日、場合によっては一生それを食べるわけですから、しっかりと根拠のある栄養が含まれていなければなりません。

    そのため、総合栄養食という基準があり、素人でも犬の食事の栄養計算をしなくても良いようになっているのが本来のドッグフードの位置づけです。

    総合栄養食のドッグフードには、原材料で賄いきれない栄養については「添加物」としてしっかり配合する必要があるというわけです。

    そのため、本来総合栄養食に分類されているドッグフードには「無添加」のフードというものは存在しないわけです。

    ですが、一般的に「添加物」という言葉が指すのは、いわゆる「化学的に合成された栄養補強目的以外の添加物」の意味合いが強く、もっと簡単に言うと「体によくなさそうなもの」を指している場合がほとんどです。

    当サイトで紹介しているおすすめドッグフードも、100%無添加としているのはアランズナチュラルドッグフードのみですが、本来の「無添加」のドッグフードというものは非常に製造が難しいということは理解しておくべきです。

    危険な添加物

    添加物と言っても先にも述べたように、犬の健康維持に欠かせない添加物もあります。

    ビタミン類はもちろんですが、毛並みや皮膚の健康を維持するためには亜鉛は不可欠ですし、心機能の低下を予防するタウリンなども十分な量を摂ることは難しいです。

    完全な無添加になると、このように体に必要な成分であっても、添加物とみなされるものは配合できないことになります。

    「無添加=安心」は成り立つかもしれませんが、無添加と健康は決してイコールではありません。

    また、カビや酸化を防ぐこともたいへん重要なことです。添加物の害よりも、カビ毒などの危険性の方がはるかに即効性があり、重篤な結果を引き起こす可能性が高いのです。

    したがって、それを防ぐためのいわゆる酸化防止剤については、天然の成分などを用いているものなどに危険性はありませんし、むしろしっかり配合されるべきものです。

    反対に、絶対に避けるべきものも存在します。

    それは、安全性が確立されていない保存料や着色料など「使う必要がない添加物」です。

    見た目をよくするためや、より安全な代替品があるにもかかわらず化学物質で酸化防止を施しているようなフードをわざわざ選ぶ必要はありません。

    当サイトでおすすめしているフードは、全くそのような添加物を使用していませんので、安心して与えることができます。
    以下のページでも、危険な添加物についてご紹介していますので、参考になさってくださいね。

    まとめ

    無添加ドッグフードは、いまや量販店などでもよく見かけるようになりました。しかし本当の意味での無添加なのか、それとも「体によくないもの」が無添加なのかは、把握しておいた方が良いでしょう。

    無添加フードの中には、総合栄養食ではなく一般食に分類されているフードもあります。その場合は、栄養が満たされていない可能性があるので、心配な場合は獣医師に相談するとより安心です。

    総合栄養食の基準については、懐疑的な意見も存在しますが、だからといって明らかに栄養が足りていないフードのみを与え続けることには賛同できません。

    体に必要な、良い添加物(栄養素やミネラル)と、良くない添加物(一部の保存料や着色料)があるということを理解し、無添加ドッグフードを選択する際の判断材料にしてください。

    無添加のおすすめドッグフードランキングに戻る

    シェアをお願いします。

    【半額クーポン付】モグワン100円モニター

    期間限定キャンペーン!

    100円モニターへの応募で初回半額クーポン券がもらえる!
    【公式】100円モニターの詳細はこちら
    【※現在、モグワンの100円モニターは終了しています。代わりに初回半額でお試しできるキャンペーンを実施中です!】

    公式サイト限定企画!初回半額のキャンペーン実施中
    初回半額の通常購入はこちら

    愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

    コメント

    1. 藤永桜です

      8月24日で14歳なるヨくシヤデス・誕生日ケ-キをと思いますがドックフ~ドはカナガンを水につけるか カンズメを食べています かながんのケ-キがないので何か良いケーキありませんか・

      • 藤永桜様

        はじめまして。
        コメントありがとうございます。

        14歳になられるとのことで、
        お誕生日おめでとうございます。

        カンガンを愛用されているのですね。
        我が家もカナガンはフードローテーションに取り入れているフードです^^

        確かにカナガンの販売元のレティシアンでは
        犬用のお誕生日ケーキの取り扱いはありませんよね…。

        無添加の犬用ケーキを扱っているお店、いくつかありますが、
        アトリエ ワフさんは、デコレーションも可愛らしくて
        犬が嫌いな食べ物やアレルギーのある食べ物を記載する欄があって、
        愛犬に合ったケーキをオーダーできるのでおすすめです。
        見た目もめちゃくちゃ可愛いですよ♪

        素敵なお誕生日を迎えられるといいですね(*^-^*)

        また当サイトへ遊びにいらしてくださいね☆

    コメントする