1. ホーム
  2. ドッグフード
  3. ≫ブッチドッグフードの口コミ評判【トライアルセット】

ブッチドッグフードの口コミ評判【トライアルセット】

全犬種、全年齢に対応しているブッチ・ジャパンの無添加生ドッグフードの「ブッチ」。
愛犬に合ったサイズにスライスしてカットできるタイプなので、小型犬~大型犬までOK!
ワンちゃんのお好みのサイズで与えることができます。

  • ドライフードを食べてくれない悩みを解決!
  • 歯が弱いシニア犬にもおすすめ
  • 初回限定のトライアルセットがお得

市販のドライフードだと食いつきが悪く、いろんな製品を試してみるものの、食べてくれるのは最初だけで、だんだん食べる量が減るとお悩みの飼い主さんは必見です。

ブッチに切り替えてから「食べてくれない」悩みが解消したというクチコミがたくさん寄せられています。

口コミを見る限りでは劣悪なものは全くなくて、みなさん満足されている様子が伺えます。

ブッチはブラック・ホワイト・ブルーの3タイプ。
初回限定のトライアルセットで、愛犬に合ったタイプを選ぶことができるのもポイントです。

3つの違いは主原料のタンパク源です。

ブラック・レーベルの原材料

ビーフ(生)、ラム(生)、チキン(生)、大豆、野菜類(ニンジン・コーン・エンドウ豆)、コーンハル(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)、玄米 (破砕・ゆで)、魚油(オメガ3脂肪源)、ゲル化剤(カラギーナン・ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)、ビタミン・ミネラル類(Ca、P、K、Na、Mg、Zn、Fe、Cu、Mn、I、Se、塩化コリン、ナイアシン、パンテトン酸、チアミン、リボフラビン、ピリドキシン、葉酸、ビタミン B12、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ケルプ

ホワイト・レーベルの原材料

チキン(生)、野菜類(ニンジン・コーン・エンドウ豆)、大豆、コーンハル(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)、玄米(破砕・ゆで)、魚油(オメ ガ3脂肪酸源)、ゲル化剤(カラギーナン・ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)、ビタミン・ミネラル類(Ca、P、K、Na、Mg、Zn、 Fe、Cu、Mn、I、Se、塩化コリン、ナイアシン、パンテトン酸、チアミン、リボフラビン、ピリドキシン、葉酸、ビタミンB12、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ケルプ

ブルー・レーベルの原材料

チキン(生)、フィッシュ【コヘル(生・全体・ムロアジ)】、玄米(破砕・ゆで)、コーンハル(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)、ゲル化剤(カラギーナン・ ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)、魚油(オメガ3脂肪酸源)、パセリ、ケルプ、ビタミン・ミネラル類(Ca、P、K、Na、Mg、Zn、 Fe、Cu、Mn、I、Se、塩化コリン、タウリン、ナイアシン、パンテトン酸、チアミン、リボフラビン、ピリドキシン、葉酸、ビタミンB12、ビタミン A、ビタミンD、ビタミンE)、ユッカ

ドライフードの食いつきが悪い愛犬におすすめ

  • 良質な肉タンパクが豊富
  • 特別製法で栄養や風味を維持
  • 水分量が肉に近いので食いつきがいい
  • 歯垢が溜まりにくい
  • お試しのトライアルセットあり

人間と共存しているため肉食のイメージは薄れていますが、犬はもともと肉食動物です。
そのため食事として、肉タンパクをメインに与えるのがベストです。
逆に犬が消化しにくい穀類は最小限に抑えるべきなのです。

ブッチは犬に必要な肉タンパクを主原料として作られていて、肉だけでは補えない野菜や海藻類をプラスすることで栄養バランスが整えられています。

市販のドライフードは高温で加熱処理されるので、栄養価や風味も損なわれてしまいがちです。

市販フードへの食いつきが悪いワンちゃんが多いのも、そのせいかもしれませんね。

その点、ブッチは栄養分や風味を失わないよう、細心の注意を払って低温調理法で製造されているため、臭覚が鋭いデリケートなワンちゃんでも、喜んで食べてくれると評判なのです。

また、ワンちゃんが大好きな肉の水分含量と同じ状態に調整されているのも、食いつきがいい理由です。

肉類に近い状態なので、食べやすく無理なく消化吸収できるんですね。

ブッチと比較検討したいプレミアムフードは?

獣医学雑誌に掲載!獣医師の84%が食べさせたいと回答
モグワンドッグフードを愛犬に与えてみた口コミ評判

シニア犬でも安心して食べられる

その他にもウェットタイプのブッチのメリットがあります。

カリカリのフードを噛み砕いて食べると、歯と歯茎の間に食べ物が残りやすく歯垢の原因になりますが、ブッチは水分量が多いので歯垢が溜まるリスクが少なく、歯にトラブルのある高齢犬でも無理なく食べることができるのです。

試してみたいけれど、フードの切り替えはハードルが高いという飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。

ブッチは初回限定としてブラック・ホワイト・ブルーの3点セット(各800g)がパックになったトライアルセットが用意されています。

ウェットタイプに慣れていないワンちゃんは、現在のフードに少しずつ混ぜて与えてみるといいかもしれませんね。

お試しトライアルセットは公式サイトの限定商品となっていて、Amazonや楽天では取り扱いがありません。

初めてブッチを購入する場合は、断然公式サイトがお得ですね。

ブッチドッグフードをもっと詳しく見る

保存方法は?

ウェットタイプのドッグフードはドライタイプと違って保存が大変なのでは?と敬遠される飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。

ブッチドッグフードは開封後、冷蔵庫で7日~10日以内に食べ切るように記載されています。

期限内に食べ切ることができない場合は、長期間の冷凍保存も可能です。

冷凍の場合、1食分ずつ小分けした状態で6ヶ月保存ができるので、生タイプだからといって保存が難しいという訳でもなさそうですね。

安心安全なドッグフード選び

愛犬の健康を考える上で、犬に不適切な原材料や、健康被害のリスクがある添加物を含んだドッグフードは避けたいところですよね。

ブッチは評判のいい製品ですが、ウェットタイプだけを与え続けるのは抵抗あるという飼い主さんもいらっしゃるでしょう。
また、ドライフードと併用したいという要望も多いみたいですね。

当サイトでは、さまざまな製品の原材料や添加物、成分などを細かく見ていき、少しでも危険性のあるものを除外して、理想のフードを以下のページにピックアップしてみました。

切り替えを検討されている方、これから新たにフードを選ぶ方の参考になれば幸いです。

※下記ページの最下部にランキングにておすすめのフードを紹介しています。
安心安全な食材を使ったドッグフードついて詳しく見る

シェアをお願いします。

愛犬の健康を考えたドッグフード選びにお悩みの方へ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする